人気記事
マスク取り替えシートおすすめランキング10選!これがあれば1日快適安心!

あれだけ不足していたマスクも簡単に手に入るようになったことで、安心している方も多いでしょう。

イオンではコラボマスク、ユニクロではエアリズムマスクと洗って使えるマスクも増え、使い捨てマスクと合わせて選択肢も広がりました。

食事になればマスクを外しますので、それをそのままつけるのはどうなんだろう?と考えたことはないでしょうか。

外す度に、新しいマスクをつけるとマスクの消費も多くなるのでコスパは良くなりません。

でもできるだけマスク消費を抑えたい!そんな時に便利なのが「マスク取り換えシート」です。

マスクを衛生的に使いたい・1日に何回もマスクを取り替えてるなんてコスパが悪いと思うなら、マスク取り換えシートを使ってみましょう。

マスク取り替えシートって何?

考える女性

マスク取り替えシートとは、マスクを汚れやウイルスから守るシートのことです。

家庭用マスクは、ガーゼタイプと不織布タイプがありますが、一般的に皆さんが使っている「使い捨てマスク」は不織布で、繊維や糸を絡み合わせた薄いシート状の布を使ったマスクです。

通気性を保ちつつ、花粉やウイルスを寄せ付けないようにできていますが、マスクの内側は自分の唾液などが張り付いています。

マスクの内側に重ねると、花粉やウィルスの侵入を防ぐ機能が高まりますので、マスクだけよりも予防効果があるのです。

シートは安価ですので、こまめにマスクを交換できない場合や食事の後にきれいな状態でマスクを使いたい時に便利ですね。

マスクと同じ不織布がメインですが、マスクの形や素材に合わせた抗菌防臭効果のあるものから肌荒れ予防効果もあるシルクなどもあります。

マスク取り替えシートのメリットは?

何か思い浮かんだ女性

マスク取り替えシートはマスクの機能性を高める役目があります。

マスクだけをつけるよりも、シートを使えば安全性も高くなるのでおすすめですよ。

機能性アップ

銀イオンは抗菌だけでなく防臭力に優れていますので、マスク内の雑菌の増殖を抑えます。

女性に人気のシルクは紫外線を防止したり保湿効果が期待できますので、マスク焼けや肌荒れ予防におすすめできます。

気密性の向上

マスクだけをつけるよりも、取り替えシートをプラスすれば気密性が高くなりウィルスなどを寄せ付けにくくなります。

3層構造タイプのシートなどは、細菌の侵入を防止することからも人の多い場所に出向く時にはシートのタイプを変えるなどして予防もできるのがポイントです。

マスクを長持ちさせる・衛生的に使える

マスクに口紅がついたり、唾液がついてしまうと新しいマスクに取り替えたいですよね。シートを取り替えれば、1日に何度もマスクを取り替える必要がないので経済的です。

 

肌荒れ予防にも!

最近増えているのが、マスクによる肌荒れです。ムレや擦れなどで肌がこすれてしまったり、マスクを長時間つけることで乾燥が進み肌荒れしやすくなります。

シルクの取り替えシートを使うなどして、肌に合わないマスクから守ることもできるんです。

マスク取り替えシートの選び方、5つのポイント

マスクと女性

マスク取り替えシートにも種類が色々あるので、選ぶ時に迷ってしまいますよね。

そこで選ぶ時のポイントをいくつか紹介しますので参考にしてください。

シートの素材で選ぶ

使い捨てマスクに使用されている不織布で作られているものが一般的です。通気性が良く薄手で使いやすく、べたつきもありません。

価格も安いので、頻繁にシートを取り替えたいのであれば不織布で良いでしょう。

シルク素材

不織布でかゆくなったり、肌荒れしてしまう方は天然繊維のシルクをおすすめします。

肌ざわりがよく、夏は涼しく冬は保温効果が期待でき、やさしくお肌を守ってくれます。シルクは吸水性が高く、不快な汗も吸い取ってサラッとしているので不快感がありません。

またシルクには紫外線をカットする機能がありますので、マスク焼けから肌を守ります。日焼け止めはもちろん必要ですが、通常の使い捨てマスクよりも効果は期待できます。

それだけでなく、通気性に優れていますので、のどや肌の乾燥予防に最適です。

暑く蒸れるマスクは、汗や熱で息がこもりマスクが濡れ不快ですが、シルク素材のシートをはさむことで、爽やかに過ごせます。

サイズで選ぶ

シートはカットタイプ・カットなしタイプがあります。カットタイプは使い捨てマスクサイズに切ってありますので、使いやすく持ち歩きにも便利です。

一方、カットなしはマスクのサイズに合わせて自由にサイズを変えられるので、フィット感を重視するなら自分でカットするのもおすすめです。

機密性を高めるために、二つ折りにしたりと自由度が高くアレンジしやすくなっています。

性能で選ぶ

取り替えシートは使い捨てだけでなく、洗えるタイプがあります。口紅がつくのを避ける場合には使い捨て、飛沫をガードするなら洗えるタイプと使い分けもいいでしょう。

また、取り替えシートの厚みにも注目しましょう。飛沫をしっかりガードする二重・三重構造シートなど、マスクの機能をより高めるものもありますので、用途に合わせて使い分けるのもいいでしょう。

夏にマスクをするとムレや息苦しさを感じます。マスクスプレーもありますが、シート自体に冷感効果のあるものを選ぶと快適です。

粘着テープ付き

洗えるマスク用のシートに多いのですが、粘着テープ付きのシートもあります。形状が特殊なシートは、乗せるだけではずれてしまうのでテープで固定します。

テープが付くと洗濯はできませんので、形状や機能などを確認して選びましょう。

構造で選んでみる

作業で使う・ほこりの多い場所で仕事をしている方は二重・三重構造のシートがおすすめです。シートの素材や構造の違うものを重ねることで細かいほこりやウィルスから体を守ってくれます。

季節や機能で選ぶ

夏場や花粉で鼻呼吸がしにくく、マスク内が熱気やムレで息苦しい方は夏用素材のマスクシートがおすすめです。

接触冷感素材やキシリトール加工のシートを選ぶと、熱を吸収し放熱するのでマスクをつけるだけでひんやりと気持ちが良くなります。

シルクでは思うような効果を感じられなかった方は、冷却効果のあるシートを使うのもいいですね。

マスク取り替えシートの使い方

カット済みシートはマスクの内側に重ねて使いますが、自分でカットするタイプはマスクにサイズに合わせる必要があるので注意しましょう。

カット済みマスクシート

カットシート出典:amazon

大人用のマスクの取り替えシートは、およそ横13.5cm、高さ8.5cmが一般的なサイズになります。

子供用の取り替えシートのサイズは、およそ横12cm、高さ8cmくらいです。

マスク製造メーカーによってマスクのサイズは微妙に違いますので、あらかじめマスクサイズを確認して好みの大きさにカットしましょう。

自分でカットするマスクシート

マスクシート②

出典:amazon

フィルターを二枚重ねると気密性が高くなります。カットシートを重ねるより自分でカットした方が経済的ですし、二重・三重にできるので「気密性を高くしたい」「マスクのズレを防止したい」場合には自分で調整した方が使いやすいでしょう。

夏場などは蒸れを感じたり息苦しさを感じることもありますので、季節や体調に合わせて大きさや重ねる枚数を決めましょう。

シートのつけ方

マスクを広げて内側にシートを重ねます。表裏がある場合には面を確認し、長辺の長い方が上下にくるようにあてます。

マスクの形に合わせますので、シートが楕円の場合、説明書にしたがって装着しましょう。

ポケット付きのマスクの場合はポケットに入れ、粘着テープ付きはテープを外して貼り付けます。

マスク取り替えシートおすすめランキング10選

ここからは、おすすめのマスク取り替えシートをランキングで紹介します。

自分が普段使っているマスクの形状にマッチしたもの、もしくはサイズ確認して購入してください。

ノーズマスクピット日本製 高機能 マスクフィルター

ノーズマスクピット日本製 高機能 マスクフィルター

出典:amazon

参考価格:792円

 

素材 ポリプロピレン
サイズ 大人用サイズ12.5cm×7.5cm

N95対応の飛沫ウィルス・PM2.5等がカットできる不織布を使用したシートで、洗濯すれば約1週間繰り返し使えるのでコスパにも優れています。

ガーゼのポケットには、ノーズワイヤーが入っているので鼻へのフィット感もあり安心です。

サイズが2種類入っていますので、マスクの形に合わせて自由に選べるのもポイントですね。

ポケット付きのマスクの場合はポケットに入れ、粘着テープ付きはテープを外して貼り付けます。

ノーズマスクピット

立体マスク対応 六角形 サージカルテープ付き

出典:amazon

参考価格:792円

立体マスクにマッチするマスク取り替えシートです。テープが付属されているので、マスクに貼ればズレ防止にもなり安心です。

洗濯できる立体マスクですが、口紅やファンデーションがついてしまうと洗濯が大変!このシートがあれば1日衛生的に過ごせますよ。

素材 不織布(パルプ・ポリプロピレン)
サイズ マスクシート40枚+10組(20枚)・テープ1巻(12mm×9m)

日本製マスク用取り替えインナーシート

日本製マスク用取り替えインナーシート

出典:amazon

参考価格:770円

素材 天然由来繊維(レーヨン/パルプ)
サイズ 12cm×16cm

100枚入りでこのお値段は高コスパ間違いなし!少し大きめサイズなので、手持ちのマスクに合わせて、サイズを自由に変えられます。

マスクもシートも使い捨ての方が安心できる・コスパで選びたいならおすすめです。シートをマスクの内側に装着するだけの簡単装着なのもいいですね。

 

天然パルプ紙不織紙 やわらかインナー取り替えシート

天然パルプ紙不織紙 やわらかインナー取り替えシート

出典:amazon

参考価格:1,980円

素材 天然の木材パルプを使用した不織パルプ紙
サイズ 13cm×9cm

国産の天然由来のパルプ材不織紙を使ったやわらかいシートです。やや小さめのサイズなので、小さい大人用マスクもぴったりフィットします。

高品質のシートが大容量の200枚入り、肌の弱い方やマスクかぶれで悩んでいるならぜひ天然素材をお試しあれ!

ウォッシャブル不織布フィルター

ウォッシャブル不織布フィルター

出典:amazon

参考価格:1,780円

素材 不織布
サイズ 10㎝×14㎝×100枚

洗濯・アイロンOKのマスク取り替えシートです。伸縮しにくく強度のある特殊素材を採用していますので、撚れたり破れる心配もありません。

持ち運びに便利なジップケース付きですので、カバンにマスクと合わせて携帯できるのも便利です。

富士和産業 マスクフィルター

富士和産業 マスクフィルター

出典:amazon

参考価格:980円

 

素材 高密度 レーヨン不織布
サイズ 12cm×6.5cm

高密度のレーヨン不織布を使ったマスク取り替えシートです。

レーヨン不織布は、食品に触れるシートを転用していますので気密性が高く十分な衛生管理の下で作られています。

若干生地に厚みがあるので好みは分かれますが、マスクポケットがあるものなどに使うと機能性が高くなり便利です。

ミシン目付きで、保管や取り出しも便利です。

マスク用抗菌フィルターZ

マスク用抗菌フィルターZ

 

出典:amazon

参考価格:3,500円

素材 銀イオン含有不織布
サイズ 12.5cm×15cm

銀イオンを発生する無機系抗菌剤を織り込んだ不織布です。

口臭はもちろんのことニキビ予防にもおすすめのマスク取り替えシートで、肌荒れで悩んでいる方におすすめです。

夏場は濡らしたり、冷蔵庫で冷やすとひんやり感も得られて爽快ですよ。

ZHILANG 不織布フィルター

ZHILANG 不織布フィルター

出典:amazon

参考価格:999円

 

素材 不織布
サイズ 12.2cm x 11.2cm

フィルターは三層構造でウイルスや有害物質をしっかりブロックするので安心。

丸みのあるフォルムは、口周りにフィットして使いやすいデザインです。

フィルターの上下に接着面があり、はがすだけでマスクに装着できます。マスクのずれが心配な方も安心ですね。

 

ノーズマスクピット 高機能フィルター

ノーズマスクピット 高機能フィルター

出典:amazon

参考価格:880円

素材 ポリプロピレン
サイズ 13cm×60cm

大人のMサイズマスクなら12枚分使えるロングタイプの取り替えシートです。

こちらは洗濯可能ですので、使い捨てマスクはもちろんですが洗えるマスクにも装着できます。

iina!closet(イイナクローゼット) 冷感 夏用マスクフィルター

iina!closet(イイナクローゼット)

出典:amazon

参考価格:1,380円

素材 シルク
サイズ 13cm x 8.5cm

接触冷感素材ポリエチレン繊維を使用した、接触冷感マスクシートです。

シート面には肌にやさしいシルクを採用し肌荒れを予防するだけでなく、純銀糸が編み込むことで抗菌、防臭効果が得られます。

ひんやり感はありますが、保湿効果にも優れていますのでシーズン問わず快適にマスクを着用できますよ。

まとめ

マスクと共存して生活することを余儀なくされることとなりましたが、少しでも快適に過ごすためにマスク取り替えシートを活用しましょう。

サイズはもちろんですが、素材も機能などにこだわって使い分けてみると自分が使いやすいものが見つかります。

家族でいつまでも元気に過ごすためにも、マスク取り替えシートでウイルスを寄せつけないようにしてくださいね。

おすすめの記事