人気記事

新型コロナウィルスによる影響で、マスクの着用が現代人のマナーとして定着しつつある昨今。

もう半年以上、外出時にはマスクを欠かさないという方が、ほとんどではないでしょうか。

そんな中、多くの女性を悩ませているのが、マスクによる肌のトラブルです。

今回は、そんなマスクによる肌トラブルにスポットを当て、元美容部員の私がおすすめのスキンケアアイテムをご紹介します

さらに、マスクによる肌トラブルの原因や対策にも触れていますので、ぜひ参考にして下さいね。

 

平日フルタイム勤務の私は、日中常にマスクを着用しています。
そのため、今年の春ごろから口元やフェイスラインのニキビや乾燥に悩まされてきました。
マスクによる肌トラブルをできるだけ避けるためにも原因と対策を知り、自分に合ったスキンケアアイテムで肌をケアしていきましょう。

この記事の目次

マスクによる肌トラブルは原因がさまざま

新型コロナウィルスが流行し始めてから、1日中マスクを着用したまま活動しているという方も多いのではないでしょうか。

もはやマスクは、我々現代人に欠かせない日常アイテムの1つです。

一方で、長時間のマスクの着用により、自身の肌に変化を感じているという声も多く聞こえます。

中でも、ニキビや乾燥など、肌のトラブルに悩まされている女性が急増しているのです。

一言にマスクによる肌トラブルといっても、その原因は各々によってさまざま。

すこやかな肌をキープするためにも、マスクによる肌トラブルの原因をしっかりと理解し、正しい対策を取り入れていきましょう

 

マスクによる肌トラブル3つの主な症状

ここからは実際に、マスクによる肌トラブルの症状をピックアップしていきます。

マスクによる肌トラブルの症状は、もちろん人によってさまざま。さらに、季節や体調によっても異なります。

今、肌にトラブルを抱えている方は、その症状がマスクの着用によるものなのかを照らし合わせてみて下さいね。

 

かゆみ

1つ目に紹介する症状は、かゆみです。

肌トラブルを抱えている方の中には、肌にかゆみが生じる方も多いでしょう。

さまざまな刺激によって肌が敏感に傾くと、些細な刺激にも肌が過敏に反応してしまいます。

肌にかゆみが生じた際に、肌をかくのはもちろんNG

かくことで肌の表面が傷つき、症状がどんどん悪化してしまいます。

そのため、かゆみの原因を知り、しっかりと対策取り入れていきましょう。

 

ニキビ

2つ目に紹介する症状は、ニキビです。

マスクの着用が習慣化してから、口周りやフェイスラインのニキビに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ニキビの原因はアクネ菌によるもの、また毛穴の詰まりなどさまざま。

また、実は肌の乾燥もニキビの原因となり得ます。

さらに、マスクの肌への摩擦がニキビを悪化させる原因となっている場合も。

そのため、自分のニキビの原因を知り、マッチした対策を取り入れることが重要です。

 

乾燥

3つ目に紹介する症状は、肌の乾燥です。

マスクの着用が習慣化してから、いつもより肌の乾燥を感じる方は多いのではないでしょうか。

肌の乾燥は、ニキビをはじめとする肌トラブルはもちろん、シワやくすみの原因になります。

さらに、乾燥した肌はバリア機能が低下し、肌が敏感に傾いてしまうこともあるのです。

そのため、水分と油分をバランス良く補うことに重点を置き、丁寧なスキンケアを心がけていきましょう。

 

マスクによる肌トラブルの原因って?

ここからは、マスクによる肌荒れの原因をピックアップしていきます。

肌トラブルの原因は、各々の肌質やライフスタイルによっても異なります。

そのため、自身の肌の状態と照らし合せながら、原因を考えていきましょう

 

摩擦

マスクによる肌トラブルの原因は、肌への摩擦が原因になっていることがほとんど。

摩擦は、肌のバリア機能を低下させ、乾燥やニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因に。

しかし、マスクを長時間着用していると、摩擦を避けることは不可能です。

そのため、肌にやさしいマスクを選ぶのはもちろん、日常的なスキンケアも丁寧に行うよう心がけましょう。

 

蒸れ

マスクを着用する際、マスク内の蒸れが気になる方も多いのではないでしょうか。

マスク内の蒸れも、実は肌トラブルを起こす原因となります。

どんなに気を付けていても、口や鼻周りには雑菌がつきやすいもの。

この雑菌が呼吸によって、マスク内に蓄積し、蒸れによって繁殖してしまうのです。

そのため、マスクを着用する際には、定期的にマスクを交換することが大切。

また、ふき取り化粧水などで、肌を清潔に保つことも意識しましょう。

 

肌の水分の蒸発

マスクを着用していると、呼吸による水蒸気でマスク内がうるおっているように感じている方も多いでしょう。

しかし、実はこの水蒸気こそが、肌の乾燥を招く原因です。

マスクを外す際には、マスク内の水分が一気に蒸発します。

実はその時に、肌の水分も一緒に奪ってしまうのです。

そのため、マスク着用時には、入念な保湿対策が重要。

水分と油分をバランス良く補い、乾燥しがちな肌に、しっかりとうるおいを補うようなスキンケアを意識しましょう。

 

マスクによる肌トラブルを防ぐポイント

ここからは、マスクによる肌トラブルを防ぐポイントをご紹介します。

私たちの生活に欠かせないマスクだからこそ、できるだけ肌に負担をかけない使用方法を心がけることが大切。

ちょっとした工夫を取り入れて、摩擦や蒸れ、乾燥から肌を守っていきましょう。

 

マスクは必ず耳から外す

マスクを短時間外す際には、必ず耳から外すように心がけましょう。

耳にマスクをかけたまま、接着面を顎まで下げる「顎マスク」は摩擦による肌トラブルの原因となります。

また、着用したマスクの表面には、ウィルスが付着している可能性も。

そのため、感染症対策の観点からも、マスクは耳から外すことを常に意識することが大切ですよ。

 

立体マスクなら摩擦を軽減できる

引用:Amazon.co.jp

マスクの摩擦を最小限に抑えるためには、接触面積の少ないマスクを選ぶことも大切です。

とはいえ、サイズの合わないマスクでは、きちんとしたウィルス対策が行われません。

そこでおすすめなのが、伸縮性の優れた立体マスクです。

立体マスクは口元に空間を持たせつつ、鼻やフェイスラインにしっかりとフィットするのが特徴です。

特に肌が弱い方は、ウレタン素材の立体マスクがおすすめですよ。

 

マスクは必ず清潔に

昨今は、布マスク等の洗えるマスクも人気を集めています。

洗えるマスクを使用する際に注意したいのが、衛生面です。

マスクの内側は湿気がたまりやすく、雑菌の繁殖が起こりやすい環境にあります。

そのため、布マスク等の洗えるマスクを使用した際には、使用後に必ず洗浄するよう心がけましょう。

特にファンデーション等の化粧汚れは、手洗いでやさしくオフするよう心がけて下さいね。

 

蒸れにはこまめなふき取りケア

長時間マスクを着用する際には、着用部分の肌を清潔に保つことも大切。

その際に、とても重宝するのがふき取り化粧水です。

ふき取り化粧水は、肌の角質や汚れを手軽にオフできる便利なスキンケアアイテム。

一方で、肌が敏感に傾いた際には、刺激を受けやすい方も見受けられます。。

そのため、ふき取り化粧水は刺激の少ないものを選び、使用の際には摩擦をできるだけ与えないよう心がけましょう。

 

丁寧な洗顔も大切

長時間マスクを着用している際には、丁寧な洗顔も重要です。

毛穴に詰まった角質や汚れが落としきれていないと、肌トラブルの原因になりかねません。

そのため、汚れやメイクをきちんと落とすケアにも重点を置くように心がけましょう。

もちろん、洗顔の際に肌の負担となる摩擦は厳禁

たっぷりの泡やジェルなどで、やさしく肌の汚れを落としましょう。

 

乾燥対策には保湿ケアが重要

長時間マスクを着用した肌は、さまざまな影響で乾燥しがちに。

そのため、普段より念入りな乾燥対策を取り入れる必要があります。

乾燥対策には、徹底した保湿ケアが重要

保湿力を重視したスキンケアコスメを、朝晩のスキンケアに取り入れていきましょう。

また、オフィスでの化粧直しなどに重宝するミスト化粧水も、マスクによる肌の乾燥におすすめのアイテム。

手を汚すことなくサッと保湿ケアができるため、子育て中のママさんの日中ケアにもおすすめですよ。

 

シートマスクでのうるおい補給も効果的

引用:Amazon.co.jp

肌の乾燥対策には、シートマスクによるうるおい補給もおすすめです。

昨今は、デイリー使いできるようなプチプラのシートマスクも、豊富にライナップされています。

また、シートマスクのメリットは、時短コスメとして活用ができるということ。

お風呂上りにサッと貼るだけで、うるおい補給効果が期待できます。

特に、忙しいママさんには、ぜひ活用してほしい便利コスメですよ。

 

マスクによる肌トラブルは、人によって原因が異なります。
そのため、まず自分の肌の状態を見極めて、マッチしたスキンケアを取り入れるよう心がけましょう。
特に、肌トラブルを抱えている際には、与えるケアに重点を置きがちです。
しかし、肌の汚れをしっかりとオフしなければ、せっかくのスキンケアアイテムも浸透してくれません。
しっかり落として、しっかりと与えるということを意識して、肌をやさしくいたわっていきましょう。

マスクによる肌トラブルにおすすめのコスメ18

ここからは、マスクによる肌トラブルにおすすめのコスメをご紹介します。

今回は、デイリースキンケアアイテムからスペシャルスキンケアアイテムまで、18種類のコスメをピックアップ。

自身のライフスタイルや肌の状態に合わせて、ぜひ活用してくださいね。

 

うるおいを逃さず洗う洗顔料3選

ここからは、うるおいを逃さず洗う洗顔料をご紹介します。

マスクによる摩擦や乾燥に悩む肌には、刺激の少ないやさしい洗顔料がおすすめ。

肌に必要なうるおいを残しながら、皮脂や汚れはしっかりと洗い流すことを意識するよう心がけましょう。

また、特に肌が敏感な時には、できるだけ無添加の洗顔料をセレクトしてみるのもおすすめですよ。

 

キュレル:泡洗顔料

引用:Amazon.co.jp

参考価格:1320円(税込)

乾燥性敏感肌に寄り添った、泡状の洗顔料です。

肌の必須成分セラミドをしっかりとキープしつつ、汗や汚れをしっかりとオフ。

肌に負担をかけることないきめ細やかな泡が、しっとりと肌を洗い上げます。

 

ポイント
敏感肌の方から長年高い支持を得ている、キュレルの大人気泡洗顔料です。
洗顔後も突っ張ることなく、しっとりと肌を洗い上げます。
さらに、ドラッグストアで購入できる手軽さも、人気の理由の一つ!

MIYOSHI:無添加泡の洗顔せっけん

 

引用:Amazon.co.jp

参考価格:511円(税込)

天然保湿成分を使用した、無添加タイプの泡状石鹸です。

香料、防腐剤、着色料を使用せず、とてもシンプルな成分で製造されているのが魅力。

うるおいをキープしつつも、さっぱりと洗い上げてくれますよ。

 

ポイント
石けん成分のみで作られた、とてもシンプルな洗顔料です。
洗浄力もあるため、さっぱりとした洗い上りを求める方におすすめ!
手に取りやすいリーズナブルな価格も、嬉しいポイントですよ。

ラロッシュポゼ:トレリアン フォーミングクレンザー

引用:Amazon.co.jp

参考価格:3850円(税込)

皮膚をやわらげながら汚れをオフする、乳液タイプの洗顔料です。

肌本来の機能をサポートする、整肌成分を配合。

高い保湿力で、肌の汚れをやさしくオフしてくれますよ。

 

ポイント
泡立て不使用の乳液タイプの洗顔料のため、さっぱりとした洗い上りが好みの方は物足りなさを感じることも。
一方、保湿力はとにかく抜群!
また、軽いメイクであれば、これ1つでオフできてしまうのも魅力的!

みずみずしく肌をいたわる高機能化粧水3選

ここからは、敏感に傾いた肌をやさしくいたわる化粧水をご紹介します。

マスクによる摩擦や乾燥でバリア機能が低下した肌は、かゆみやヒリつきといった症状を感じやすくなっています。

敏感に傾いた肌をいたわるために、やさしくうるおいを補給してくれる化粧水を選びましょう。

 

アルビオン:薬用スキンコンディショナーエッセンシャル

 

引用:Amazon.co.jp

参考価格:8900円(税込)

保湿成分ハトムギエキスを配合した、世代を超えて愛される大人気化粧水です。

環境の変化から敏感に傾いた肌を、乾燥や肌トラブルから保護。

角層のすみずみまでうるおいを届け、すこやかな肌をキープします。

 

ポイント
美容雑誌でも常に高い人気をキープしている、ロングセラー化粧水。
軽いテクスチャーながら、しっとりとした使用感が魅力。
さまざまな肌の悩みにアプローチしてくれるため、肌トラブル時のお守り化粧水として使用するのもおすすめ!

オルビス:オルビスU ローション

 

引用:Amazon.co.jp

参考価格:2970円(税込)

独自の高保湿成分を配合した、リッチなコク感が魅力の化粧水です。

トロっとしたテクスチャーは、濃密なウォータージェリー仕立て。

角層のすみずみまでうるおいを届け、みずみずしい肌へと導いてくれますよ。

 

ポイント
豊富な保湿成分を配合しているため、1回の使用量はティースプーン1杯程度。
少量でしっかりと肌がうるおうので、コストパフォーマンスも抜群。
肌が瞬時にうるおうようなリッチな保湿力は、乾燥しがちな季節に特におすすめ!

ドクターケイ:ケイカクテルVローション

引用:Amazon.co.jp

参考価格:7700(税込)

高濃度ビタミンCをはじめとする、12種類のビタミンを配合したサプリメントローションです。

ブースター機能やイオン導入も兼ね備えた、マルチな使い心地が魅力。

さまざまな外的ダメージから肌を守り、内側からふっくらとした肌へと導いてくれますよ。

 

ポイント
ドクターケイは、皮膚治療の現場から誕生したドクターコスメ。
パラベン、合成着色料、香料不使用で、肌にやさしい使い心地が人気!
大人の肌にありがちな乾燥による毛穴悩みにも、効果が期待できる高機能化粧水です。

うるおいケアに欠かせない高保湿乳液3選

ここからは、肌のうるおいケアに欠かせない高保湿乳液をご紹介します。

乳液は、化粧水で補った水分の蒸発を防ぐ重要な役割を担っています。

肌の水分と油分のバランスを整えてくれる、保湿力の優れた乳液でしっかりと肌を保湿していきましょう。

 

ミノン:アミノモイスト モイストチャージミルク

引用:Amazon.co.jp

参考価格:1915円(税込)

肌の水分保持機能を支える、アミノ酸配合の低刺激性処方乳液です。

保湿効果の優れた9種の保潤アミノ酸、またキメとハリをサポートする清透アミノ酸を配合。

保湿効果と美容効果を両立し、バリア機能が低下した肌にうるおいを届けてくれますよ。

 

ポイント
べたつかないサラッとした仕上がりのライトなテクスチャーも魅力!
メイク前にも使用できるため、忙しい朝にも重宝します。
さらにコンパクトなポンプ式のボトルは、持ち運びも便利。
日中のうるおいアイテムとしても、重宝すること間違いなし!

キュレル:乳液

 

引用:Amazon.co.jp

参考価格:1980円(税込)

セラミド機能成分を配合した、肌馴染みのよい乳液です。

消炎剤成分が肌トラブルを防ぎ、外部刺激から肌を保護。

角質層までうるおいを届け、ふっくらとした肌へと導いてくれますよ。

 

ポイント
季節問わず使用できる、軽いつけ心地が特徴。
そのため、サラッとした使用感が好みの方におすすめ!
家族全員で使用できるやさしい処方のため、お子さんの乾燥対策としても重宝しますよ。

エトヴォス:モイスチャライジングセラム

引用:Amazon.co.jp

参考価格:4400円(税込)

うるおいケアに欠かせない、ヒト型セラミドを配合した高保湿美容乳液です。

人の肌と同じラメラ構造で、角質層までしっかりとうるおいを届けます。

天然ラベンダーの香りが心地よく、スキンケアタイムのリラックス効果も期待できますよ。

 

ポイント
毎日のスキンケアでセラミドを補うことに、着目した美容乳液。
さまざまな原因で弱った肌のバリア機能を、うるおい成分セラミドでしっかりと支えます。
美容液と乳液の1つ2役で、時短美容にも活用できる!

肌のごわつきにおすすめのふき取り化粧水3選

クレンジングや洗顔で落としきれない汚れや角質を、手軽にケアできるふきとり化粧水。

一方で、肌に負担がかかりやすい成分が配合されていることも。

そのため、肌が敏感に傾いている際には、肌にやさしい成分のふき取り化粧水でやさしくケアするよう心がけましょう。

 

ネイチャーコンク:薬用ローション

引用:Amazon.co.jp

参考価格:770円(税込)

肌のくすみや黒ずみも除去する、多機能化粧水です。

肌の古い角質や汚れを落とすことで、後のスキンケアアイテムの浸透をサポート。

朝の洗顔代わりや美白効果も期待できる、マルチな効果も魅力ですよ。

 

ポイント
とろみのあるテクスチャーは、摩擦を与えることなくふき取りが可能。
うるおいを残しながら汚れをオフするため、時間がない朝の洗顔代わりにも重宝します。
また、手に取りやすいリーズナブルな価格も魅力!

アユーラ:クリアリファイナー センシティブ

引用:Amazon.co.jp

参考価格:5082円(税込)

肌へのやさしさを重視した、敏感肌用のふき取り化粧水です。

肌に不要な古い角質をオフし、スキンケアアイテムの浸透をサポート。

有効成分トラネキサム酸が肌をうるおいで満たし、肌トラブルの要因から肌をすこやかにサポートします。

 

ポイント
ふき取り化粧水でありながら、アルコールやパラベン無添加。
やさしい使い心地で、肌の汚れをスッキリとオフします。
そのため、刺激の少ないふき取り化粧水を求めている方におすすめ!

クリニーク:クラリファイング ローション2

引用:Amazon.co.jp

参考価格:3840円(税込)

美容雑誌等でも常に人気を独占している、大人気ふき取り化粧水です。

あらゆる肌トラブルの原因となる古い角質をオフし、肌のターンオーバーをサポート。

スキンケアの浸透度をアップし、すこやかな肌へと導いてくれますよ。

 

ポイント
幅広いラインアップも、クラランスのふき取り化粧水の魅力。
揺らぎ肌におすすめのローション2の他、乾燥肌におすすめのローション1、アルコールフリーのローション1.0など自由にセレクトが可能です。
花粉やホコリなどの外的ダメージもオフできるため、外出先での隙間ケアにも重宝すること間違いなし!

肌トラブルに効果が期待できる鎮静スキンケアアイテム3選

昨今、SNSなどで話題になっている鎮静スキンケアアイテムも、マスクによる肌トラブルにおすすめです。

鎮静スキンケアアイテムは、肌トラブルの元を、軽減してくれるとても便利なスキンケアコスメ。

自分の肌にマッチした鎮静コスメは、肌環境の改善も期待できますよ。

 

Dr.Jart+ ドクタージャルト:第2世代シカペアクリーム

引用:Amazon.co.jp

参考価格:2680(税込)

SNSで大注目を集める、大人気の韓国スキンケアコスメです。

あらゆる肌の外的ダメージから、敏感に傾いた肌をサポート。

鎮静効果の期待できるツボクサエキスが、刺激に敏感になった肌をやさしくケアします。

 

ポイント
さまざまな肌トラブルに活用できる、便利なマルチクリーム。
ニキビや赤みに効果が期待できる、鎮静効果に注目が集まっています。
肌馴染みの良いテクスチャーも使いやすいと人気に!

アルジタル:インテンシブエキナセアクリーム

引用:Amazon.co.jp

参考価格:3850円(税込)

バリア機能が低下した肌を、うるおいでサポートするオーガニッククリームです。

グリーンクレイやエキナセアエキスという、11種類の植物成分を豊富に配合。

防腐剤は一切使用せず、100%天然由来の成分が、肌をいたわり乾燥から保護してくれますよ。

 

ポイント
保湿力がありながら、サラッとした使い心地も人気!
顔はもちろん、全身に使用できる万能さも魅力です。
清涼感のあるハーブの香りも心地よく、不安定な肌をサポートしてくれます。

TSUDA SETSUKO:スキンバリアバーム

引用:Amazon.co.jp
参考価格:6200円(税込)
お守りコスメとして絶大な人気を誇る、バーム状のスキンケアクリームです。
現代女性に不足しがちなビタミンやミネラルを配合し、肌内部の炎症にアプローチ。
肌の本来の力を強化することで、さまざまな肌トラブルから肌をサポートします。
ポイント
化粧下地としてもナイトクリームとしても使用できる、マルチな機能性も魅力。
花粉やホコリ、PM2.5などの有害物質からも肌を守ってくれます。
携帯性にもすぐれているため、日常のあらゆるシーンで大活躍すること間違いなし!

スペシャルケアに取り入れたいシートマスク3選

マスクによる肌トラブルにおすすめのスペシャルケアが、シートマスクです。

種類が豊富なシートマスクは、自分の好みのスキンケア効果を手軽に取り入れることができます。

保湿効果や鎮静効果の期待できるシートマスクを、ぜひスペシャルケアとして取り入れていきましょう。

 

メディヒール:ティーツリーマスク(10枚パック)

引用:Amazon.co.jp

参考価格:1240円税込)

整肌効果の期待できる、フィット感の高いシートマスクです。

肌をサポートするツボクサエキスやカミツレエキスを豊富に配合。

乾燥や気温の変化といった、さまざまな外的ストレスから肌のすこやかに保護します。

 

ポイント
極薄のシートマスクは、コットン生まれのやさしい肌あたり。
ピッタリと肌に密着するため、使用後に肌がしっとりとうるおいます。
肌の赤みやニキビの鎮静化に効果が期待できると、SNSでも大人気のプチプラシートマスクです!

アユーラ:リズムコンセントレートマスク(6枚入り)

引用:Amazon.co.jp

参考価格:6980円(税込)

肌のコンディションにアプローチする、高密着シート設計のシートマスクです。

なめらかな美容液を、シートのすみずみまでみずみずしく配合。

日常のさまざまな肌ダメージを鎮静化させ、肌の角層までしっかりとうるおいで満たします。

 

ポイント
アユーラの大人気美容液、リズムコンセントレートを豊富に配合したシートマスク。
肌のコンディションを整えながら、ダメージの受けにくい肌に導いてくれると大好評!
また、アロマティックハーブの香りが、肌も心も解きほぐしてくれますよ。

ミノン:アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク(4枚入り)

引用:Amazon.co.jp

参考価格:1173円(税込)

乾燥肌や敏感肌のために作られた、集中保湿のための濃厚保湿シートマスクです。

11種類のアミノ酸が、バリア機能が低下した肌をうるおいでサポート。

ずっしりとしみ込んだ豊富なジェルが、液だれすることなく肌をつつみこんでくれます。

 

ポイント
繊維線維の刺激の少ない、やわらかなシートは敏感肌でも安心して使用が可能。
15分程着用が可能なため、ボディケアや家事の合間にも手軽に使用できます。
とにかく豊富に液が含まれているため、パックの使用後はボディケアにも活用できますよ。

おわりに

現代人の新しいマナーとして定着しつつある、外出時のマスクの着用。

そのため、マスクによる肌トラブルは、年齢や性別問わず悩んでいる方が増えています。マスクによる肌トラブルの原因は人によって様々ですが、バリア機能が低下し、肌が敏感に傾くことが主な原因として挙げられます。

肌のバリア機能を正常化し、すこやかな肌をキープするためには、まず基本的なスキンケアを見直すことが大切です。

そのため、日々のスキンケアでは、汚れをしっかりとオフすること。

また、摩擦をできるだけ避け、肌をしっかりと保湿するようなスキンケアを心がけましょう。

今回紹介したスキンケアアイテムを参考に、肌をいたわりながらマスク生活を乗り切っていきましょうね。

 

マスクによる肌トラブルの原因はさまざまですが、大切なのは肌にやさしいスキンケアを日常的に心がけるということ。
また肌が染みるような肌トラブル時は、躊躇せず皮膚科を受診するのも視野に入れましょう。
自身の肌と向き合い、できるだけ肌の負担をかけないようなマスク生活を送っていきましょう。
おすすめの記事