人気記事
人気おすすめ脱色クリーム8選!ムダ毛ケアで夏前にツルツルに!

気温が高くなると、自然と服装の露出度が高くなりますよね。多くの女性はムダ毛のケアと真剣に向き合う時期といえるでしょう。しかし、脱毛サロンに行くのはかなりの金額がかかってしまいます。

また、自宅脱毛をしている方の中には、「剃刀負けしていつも肌が切れる」というお悩みを抱える方もいるでしょう。そんな人におすすめなのが“脱色クリーム”です。そこで本記事では人気のおすすめ脱色クリーム9選というテーマで紹介します。

脱色クリームとは?

そもそも脱色クリームとはどんな仕組みで脱色しているのでしょうか?脱色をすると、色が金・薄茶色のようなカラーに変わりますよね。そもそも私たちの身体にあるムダ毛、いわゆる“体毛”は黒や茶色の方がほとんどです。これはメラニン色素によるものです。

脱色クリームは、このメラニン色素を分解する成分を配合しているため、脱色クリームを使うと“金”や“薄茶色”のようなカラーになります。体毛が多いヨーロッパ人のムダ毛ケアの方法として、脱色クリームは当たり前のように使われているのです。

脱色クリームのメリット

ヨーロッパでは馴染みのある“脱色クリーム”。しかし、日本で脱色をしている方はあまり見かけませんよね?脱色クリームを使い続けている方はずっと、ムダ毛のケアを脱色クリームで対策していますが、自宅では剃刀やシェーバーを利用される方がほとんどです。

しかし、脱色クリームも実はメリットだらけの製品です。そこでここでは脱色クリームのメリットを解説します。

肌を傷つけない

剃刀を使ってムダ毛ケアを行っている人、もしくは行ったことがあるという人は一度は経験がある“剃刀負け”。体毛を剃っている際に誤って肌を傷つけて、痛い思いをしたことがありませんか?

「まだ剃り切れてないけど、血が出てるし…」と、満足いくまで脱毛できないこともありますよね。しかし、脱色クリームを使えば剃刀ほどの強い刺激を肌に与えることはありません。そのため、皮膚が弱い方に脱色クリームを使ったムダ毛ケアはおすすめといえます。

筆者も剃刀を使う場合がありますが、雑に行うとすぐに剃刀負けをします…。特に脛などの骨の周りが上手にできません…。

デリケートゾーン以外ならほとんど使える

脱色クリームの種類にもよりますが、デリケートゾーン以外なら様々な箇所に使えます。1つあれば全身のムダ毛を脱色できるのでコストパフォーマンスも高いといえるでしょう。

人によっては体毛の量や生える頻度も違いますので、「ムダ毛ケアをする頻度が高い」人は脱色クリームが特におすすめです。

 

 

脱色クリームの選び方

あまり脱色クリームに馴染みのない方はどのような製品を選べばいいのかわかりませんよね。しかし、ポイントを抑えておけばぴったりの脱色クリームが見つかるはずです。ここでは脱色クリームの選び方を詳しく解説します。

保存ができるタイプ

脱色クリームを選ぶ際はか、チューブタイプがおすすめです。チューブタイプならば、脱色クリームが残ってしまっても保存が簡単です。また、場所もあまりとらないので、洗面台のスキンケアコーナーなどに一緒に置けますよ。

身体の一部の体毛を脱色したい人は、保存がしやすいチューブタイプの脱色クリームを選択しましょう。

 

パッチテスト済み

脱色クリーム使用前にパッチテストを行う商品がほとんどですが、市場に出荷される前に皮膚科医の判定を行っているパッチテスト済みのものを選ぶと良いでしょう。やはり薬剤を皮膚に塗布するため、赤くなってしまったり、炎症を起こしてしまう事態になりかねません。

安全に使用するためにもパッチテスト済みのものを推奨します。

女性は女性用のもの使う

「毛深いから…」といって女性用の脱色クリームでは物足りずに、女性が男性用商品を使用するのは止めましょう。男性用は女性用と比較すると成分が強いものがほとんどです。そのため、皮膚へのダメージも強くなります。

男性用脱色クリームを使用した場合、かゆみや腫れなどの症状を引き起こす可能性も十分にあります。女性が脱色クリームを使うのであれば、必ず女性用のものを使ってください。

普通肌用か敏感肌用かを選ぶ

脱色クリームのメーカーや、商品の種類によっては“敏感肌用”や“普通肌用”の2パターン販売されています。普通肌用でもちろん問題ありませんが、敏感肌の方、肌が荒れやすい方は敏感肌用を選択しましょう。

 

ムダ毛解消におすすめの脱色クリーム9選

それでは早速、ムダ毛解消におすすめの脱色クリームを紹介します。ご自身の肌の強さを考慮して選んでみましょう。

エピラット

引用:Amazon.jp
価格:¥4,280

マイルドな香りが特徴の脱色クリーム。脱色クリームの中でも有名なエピラットは長年愛され続けているロングセラー商品です。脱色後は自然な状態に仕上がるため人気も高いといえます。部分脱色をされる方にとっても嬉しいチューブ容器なため、保存にも困りませんね。

JOLEN アロエ入り マイルドタイプ 単品 28g

引用:Amazon.jp
価格:¥1,980

肌に優しいアロエ入りの脱色クリームでもあるJOLENは腕や背中だけではなく、眉毛に使えるおすすめ商品です。脱色後は透明感のある仕上がりになるため、色むらも気にせずに使用できます。

サリーハンセン 顔&ボディ用むだ毛脱色クリーム

引用:Amazon.jp
価格:¥1,081

海外製品の脱色クリーム。全身に使用することができるため、部分ごとに脱色クリームを購入しなくていいというメリットがあります。口周りやおでこなど、顔の細かいパーツが気になる方にもおすすめの脱色クリームです。

ディベール脱色剤

引用:Amazon.jp
価格:¥1,390

『ディベール においのしない脱色剤』はその名の通り無臭タイプの脱色クリーム。「脱色クリームは便利だけどニオイがきつくてダメ…」という方もいますよね。特に脱色クリームは浴室など密閉された空間で使用することが多いでしょう。

しかし、この商品であれば香りも気にすることなく脱色ができます。

小さい頃、母が脱色クリームを使っていたのですが、お風呂場のニオイが少しツンとなるニオイになっていました…。無臭タイプの脱色クリームなら家族にもお子様にも迷惑かけることなく使用できますね。

ディベール 脱色剤(スピーディータイプ)

引用:Amazo

n.jp
価格:¥1,390

ディベールのスピーディータイプの脱色クリームは、なんと塗布してから5分で脱色できる優れものです。脱色中は、なるべく身体が濡れないようにしなくてはいけないし、脱色する部位によっては全く何もできない状態なんてことも…。

その中で5分という短い時間で済む脱色クリームは、かなり嬉しいですよね。

エピラット 脱色クリーム 敏感肌用

引用:Amazon.jp
価格:¥762

肌が弱い方にぜひ使ってほしいのが、エピラット敏感肌用の脱色クリーム。「肌が弱いから脱色できない…」と、ムダ毛ケアの脱色をあきらめかけていた方にとっておすすめの商品です。

他製品とは違い、クリーム状のもの2種類配合するため脱色クリームを作る際、調整がしやすいと評判です。

メンズボディ むだ毛脱色クリーム

引用:Amazon.jp
価格:¥1,706

数少ない男性用脱色クリームの中でメジャーな商品といえば、こちらの脱色クリーム。女性よりも毛の量が多く、太い男性におすすめです。「男性用は刺激が強そう…」と敬遠する方もいますが、スクワランという保湿成分が配合されているため、安心してご利用いただけます。

男性用としては脱色クリームの人気は一番高いです。

エピラット ラグジュアリーオイルケア

引用:Rakuten.jp
価格:¥889

スクワラン・ホホバオイル・ワセリンなどの美容オイルを配合した脱色クリーム。肌ダメージを感じやすい脱色クリームですが、オイル成分を配合しているため、脱色しながらもしっかりとアフターケアができます。

敏感肌でなくても、肌ダメージに不安を感じる方は、ぜひこの脱色クリームを試してみてください。

まとめ

ムダ毛ケアにおすすめの脱色クリームを紹介しましたがいかがでしたか?脱色クリームは、あまり日本では精通していないため、なじみがない方もいるでしょう脱色クリームを選ぶ際、肌ダメージが不安な方もいるはずです。

もし、脱色クリームの購入を検討しているようでしたら、必ずどんな製品を選んだらいいのか、見極めてから購入してくださいね。

おすすめの記事