人気記事
元保育士ママがおすすめする!0歳児の知育玩具15選!

我が子には、たくさんのおもちゃで遊ばせたい!そう考えている親御さんも多いのではないでしょうか。できれば、日常の遊びを通して様々な学びを得られたら良いですよね。

かつて保育園で主任として働き、今では2児の母である元保育士が、0歳児にぴったりのおすすめ知育玩具をご紹介します!

知育玩具の重要性とは?

わざわざ知育玩具を選ぶ必要があるの?と思われる人もいるかもしれません。ここからは、知育玩具の重要性を説明します。

知育玩具とは?

 

知育玩具は、乳幼児や児童の知能的な発達を促す事を目的とした玩具です。自分で考えて何かを表現したり想像力を働かせる、遊びを通して五感が刺激され何かを感じるといった知能全般の発達に働きかけようとします。

基本的には、普通のおもちゃと知育玩具の違いの定義はありません。しかし、知育玩具は子どもの知能的発達に働きかける事が期待できるように配慮されているのです。

知育玩具の効果

 

子どもにとって遊ぶことは、日常生活の中で欠かせません。そしてこの遊びを通して、「言葉を知る」「身体機能を鍛える」「感情を表現したりコントロールする」といった様々な事を学んでいくのです。また人と関わりながら遊ぶ事で、相手の気持ちを考えたりコミュニケーション能力を向上させることも期待できるでしょう。 

0歳で知育玩具なんてまだ早いのでは?と思われがちですが、小さな赤ちゃんだからこそ五感を刺激して成長を促してあげる事が大切なのです。

玩具の選び方のポイントは?

我が子にぴったりのおもちゃが見つかるように、ここでは選び方のポイントをご紹介していきます。

五感を刺激する

 

では実際に、どのようにおもちゃを選べば良いのでしょうか。様々な学びを吸収する大事な時期と考え過ぎると、おもちゃ選びが難しくて悩んでしまいますよね。

おもちゃ選びのポイントの一つとして、子どもの五感を刺激できるかという点です。

目で見て触って考える事ができるおもちゃかどうか、一つのおもちゃで遊びのバリエーションがどれくらいあるかという部分に注目してみてください。

成長に合わせた遊び方ができる

 

一つのおもちゃを長く使用するという事も大切です。ものを大事に使おうとしたり、愛着という感情が出てきます。また長く使えるおもちゃであれば、自分で遊びを考えたりアレンジしてみたりと思考力が向上していくでしょう。

たくさんの遊び方ができるおもちゃであれば、成長に合わせて使い続ける事ができます。また長く使えるおもちゃは耐久性や素材が良いので、簡単に壊れることもありません。遊びのバリエーションが広いおもちゃは、成長に合わせて長く使っていけるのでおすすめです。

0歳にピッタリ!おすすめ知育玩具はコレ!

では実際に、0歳に適した知育玩具をご紹介していきます。運動系や視覚系など、ジャンル別にみていきましょう。

手や指先を使う知育玩具5選!

0歳の赤ちゃんにとって、指先を使う動きはとても難しい動作です。この動きを積極的に行うことで、脳へ良いアプローチができるのです。

5位 木のおもちゃ 型はめ アニマルビーズバス

【参考価格】3,520円

取り外しができないビーズコースターで、小さな赤ちゃんでも安全!

型はめは、子どもが集中して遊べるおもちゃの一つです。いつも動き回って遊んでいる子でも、型はめになると静かに黙々と遊び始めます。このアニマルビーズバスの素材は天然木で、塗料も安全なものを使用していますので、万が一舐めてしまっても問題ありません。

また、このおもちゃには紐がついているので、1歳を過ぎたら紐を引いてバスと一緒に歩くという遊びもできておすすめです!

【保育士からのワンポイント!】
 1歳間近になると、型に入れてみようとしたりビーズコースターを動かしてみたりと遊び方を理解します。それまではなかなか型はめ遊びが難しいですが、一緒に遊ぶことで理解していけるでしょう。

 指先の運動ができるようになってもまだまだ赤ちゃんなので、必ず大人が側について一緒に遊んであげるようにしましょう!

4位 木のおもちゃ かくれんぼパズル

【参考価格】16,500円

簡単なパズルで出来た喜びを感じ、生き物への興味関心のきっかけをつくる!

このパズルは通常のパズルや型はめと違って、形をしっかりと合わせる必要がありません。そのため、0歳の赤ちゃんでも無理なくパズルを楽しむ事ができるでしょう。

第一段階として、生き物のピースを卵の型に入れます。形を合わせる必要がないものの、それぞれの生き物に合わせた卵型になっているので、「ここに入るかな?」「これだと入らないな…」と考える事ができるのです。

第二段階として、卵の形をした蓋をします。これもそれぞれの形があるので、子どもは考えながら進める事ができるでしょう。

パズル遊びを楽しみながら、生き物に対して興味を持つきっかけにもなるかもしれません。思考力だけでなく、好奇心も刺激できるおすすめのおもちゃです。

3位 ミュージックステーション アイムトイ

【参考価格】9,900円

たくさんの楽器に触れ、音やリズムを楽しむ!

アイムトイは、ヨーロッパで人気の木のおもちゃです。このおもちゃはただ単に音を奏でる事が目的ではなく、「握る」「通す」「結ぶ」といった指先の細かな動きを習得できるように工夫がされています。

 「トライアングル」「チャイム」「ハンドシンバル」「ハンドベル」「マラカス」「カスタネット」「アゴゴ」「木琴」「太鼓」と9つもの楽器で遊ぶ事ができるのです。

 コンパクトなおもちゃなので置き場所に困る事なく、長く愛用できるのでおすすめです。

音感やリズム感の成長にも効果は絶大でしょう!

2位 木製積み木 イルカのバランス

【参考価格】3,480円

手指の運動能力やバランス感覚を鍛えるカラフルで可愛いおもちゃ!

これは、ゆらゆら揺れるイルカの上に、様々な大きさの積木を重ねていくおもちゃです。

小さな積木を掴む事で指先の運動を促し、イルカに乗せていきながら集中力やバランス感覚を鍛えていきます。

 また積木はカラフルに塗装されているので、色を覚えたり色分けをしてみたりと遊びの幅を広げることもできておすすめです!

 1歳を過ぎたら、付属のサイコロを使って親子でゲームをすることもできます。見た目も可愛いので、インテリアとして飾っても映えるおもちゃではないでしょうか。

積み木 木製 おもちゃ ブロック 0歳 1際 2歳 3歳 知育玩具 プレゼント イルカのバランス 天然木 27点セット パズル おもちゃ カラフル つむつむ ブロック ベビー 贈り物 ギフト 送料無料

1位 フィッシャープライス バイリンガル ラーニングボックス

【参考価格】3,520円

型はめも音楽も英語もこれ一つで学べちゃう!

このようなボックス型の知育玩具は昔から人気があります。似たようなおもちゃを見た事があるという人も多いのではないでしょうか。

このバイリンガルラーニングボックスは、英語と日本語でおしゃべりをするおもちゃです。ダイヤルの色や数字をバイリンガルで教えてくれたり、英語の歌を聴く事ができます。楽しく遊びながら、自然と英語を習得する事が期待できるでしょう!

視覚や聴覚を刺激したり、手や指先の運動発達を促す事ができたりと、総合的な知的好奇心を刺激するのでおすすめです!これ一つで複数の遊びができるので、たくさんのおもちゃを購入する必要もありません。場所も取らないので、収納にも困らないでしょう。

運動系知育玩具5選!

まだ歩けない赤ちゃんでも、手足をバタバタと動かして遊んでいますよね。この動きや遊びをさらに広げてあげましょう!

5位 布のおもちゃ スマイルキッズ ベビートス

【参考価格】5,170円

ボールをカゴにイン!距離感や集中力が養われる!

このおもちゃは布製なので、投げて当たってしまっても安全です。ボールは白黒の模様と原色というコントラストで、まだ色が十分に認識できない赤ちゃんでもわかりやすくなっています。またボールの中には鈴が入っているので、聴覚からもボールを認識できるようになっているのです。

 【保育士からのワンポイント!】
まだボールを投げられない年齢でも、ボールを目で追ったり転がして遊ぶ事ができます。カゴを立てて置いてサッカーゴールに見立てて、シュートの練習などアレンジするのも良いですね。室内でも安心安全に遊ぶ事ができるおもちゃです。

4位 パパ大豆 白黒赤トンネルプレイジム

【参考価格】12,375円

白黒赤のコントラストが印象的!全身運動ができるプレイジム!

このプレイジムは、「見る」「聞く」「たたく」「掴む」「触る」といった五感を刺激する要素が全て詰まっています。

 バートン・L・ホワイトという博士が書いた「ホワイト博士の育児書」という著書が参考になっているようです。この著書では、運動機能や基本的な知能において、乳幼児期までの体験がその後の能力を身につける速さに影響するといった事が書かれていました。これを元に、このおもちゃは乳幼児期に五感を刺激しながら好奇心を育めるように作られたのです。

 他にも、コントラストや模様にも知育要素が盛り込まれています。まだ良く見えていない赤ちゃんでも視覚や脳神経を刺激できるように、認識しやすい赤白黒のコントラストや○△のわかりやすい形を取り入れました。

 【保育士からのワンポイント!】
ハイハイができるようになったらトンネルくぐりをするなど、遊びの幅を広げられます。安心安全なプレイジムは、0歳の赤ちゃんの知育玩具におすすめです!

3位 フィッシャープライス あんよでキック!

【参考価格】8,800円

寝返り前から遊べる!手足を使ってリズム遊び!

このおもちゃは、生まれてすぐから3歳頃まで遊ぶ事ができるプレイマットです。

 マットに付属しているアーチやピアノは取り外しができるので、成長に合わせた場所に自由に付け替えができます。ピアノは20分間のメロディー演奏付きなので、寝る時のメリーとして使用できます。

【保育士からのワンポイント!】
ねんね期はピアノを足元につけて、足の力で音を奏でます。お座りができるようになったら、普通のピアノのように指先を使って音楽を楽しみましょう。さらに音楽は65曲以上も入っているので、音感や聴覚の成長発達にも最適です!マットは洗濯できるので、衛生面も安心ですね!

2位 ザ プレミアム知育おもちゃ

【参考価格】10,200円

立っちからあんよまでの運動機能を促す、知育玩具の元祖!

知育玩具といえばピープル!というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。テレビCMなどでも良く見かけますよね。このピープルのおもちゃは、つかまり立ちから伝い歩き、一人歩きまでの成長を促してくれる事が期待できます。

テーブルの上のボールを追いかける事で、伝い歩きを促します。伝い歩きができるようになったらこのおもちゃを押し歩く事で一人歩きへの成長を促し、さらに足腰を鍛えてくれるのです。

【保育士からのワンポイント!】
一人歩きができるようになっても、おもちゃを置くテーブルやシェルフとして長く愛用する事ができるのでおすすめです。カラフルなおもちゃなので、視覚にも刺激を与えてくれそうですね!

1位 ベビーファーストウォーカー アイムトイ

【参考価格】9,500円

あんよの前からでも遊べる手押し車!

木目とカラフルな配色が可愛らしいこの手押し車。この手押し車には、歯車や絵合わせ、型はめなどの遊べる工夫がされています。そのため、まだ歩けない赤ちゃんでもお座りをしながら十分に遊ぶ事ができるのです。

 【保育士からのワンポイント!】
 木製の手押し車ですが、本体の角は全て丸く加工されているので安心して遊ぶ事ができます。また製品自体が食品検査済みなので、口入れても問題ありません。車輪がついているので、遊ぶ時は必ず大人が補助してあげましょう。

目で見る知育玩具5選!

まだものをよく見えていない赤ちゃんだからこそ、視覚的刺激をたくさん与えてあげてください。見るという行為だけでも、五感はしっかりと刺激されているのです。

5位 パパ大豆 白黒赤五感刺激ポスター

【参考価格】550円

「白黒赤の理論」で、生まれたばかりの赤ちゃんの視覚を刺激!

こちらのポスターは、運動系知育玩具の第5位で紹介した「白黒赤トンネルプレイジム」と同じメーカーのおもちゃです。白黒赤のコントラストと簡単な絵柄で赤ちゃんの視覚を刺激します。また赤ちゃんが好む形や柄なので、興味津々に見入ってくれるでしょう。

 赤ちゃんの成長発達の特徴や理論に基づいて作られているので、海外の未熟児病棟などでも使用されているそうです。生まれたばかりの赤ちゃんはまだおもちゃで遊ぶ事ができませんが、これなら見て楽しむ事ができますね!

4位 布絵本 ジャングルファン

【参考価格】1,980円

初めての知育玩具に最適!安全な布絵本!

早いうちから絵本に触れさせたい!と考えている親御さんも多いのではないでしょうか。子どもにとって、絵本を読む事は健やかな成長発達に欠かせません。また絵本を読むという行為を習慣づけることも、とても重要なのです。

 この絵本は布でできているので、小さな赤ちゃんでも安心安全に使用できます。それぞれのページには音が鳴る仕掛けがあるので、飽きることなく読み進められるでしょう。

【保育士からのワンポイント!】
 この絵本のタオル地も、子どもが好む感触です。絵本を目で見るだけでなく、触った感触や鳴った音を楽しむなど五感を刺激する事ができておすすめです!

3位 ケルンボール

【参考価格】6,600円

色を認識する。動くボールを目で追う。手で掴んでみる。これ一つで脳が発達!

これは、円盤からボールがぶら下がっているメリーです。ボールは赤ちゃんの手の中に入る大きさなので、無理なく掴んで遊ぶ事ができます。カラフルな色のボールがぶら下がっているので、メリーが回転するととても綺麗な虹色の輪っかができます。

【保育士からのワンポイント!】
 最初は握るだけだった赤ちゃんも、成長と共に円盤を回してみたり色を認識するようになるでしょう。ボールを取り外すこともできるので、大きくなったボールだけを転がして遊ぶなど長く使用する事ができておすすめです!

2位 えいご絵じてん

【参考価格】6,820円

0歳から7歳まで!長く使える絵辞典!

この辞典には音声ペンが付属しており、辞典の中の絵をタッチするとペンが英語を教えてくれます。英単語や会話などを、ネイティブな発音で聞く事ができるのです。

 辞典といっても中は絵が中心なので、小さな子どもでも難しい事はありません。歌やクイズがあったりと、飽きずに続けられるような工夫がされているのも特徴の一つです。

 【保育士からのワンポイント!】
 小学校英語にも役立つ単語が収録されているので、7歳を過ぎても活躍してくれるかもしれませんね!大人も楽しめるので、親子で遊びを通して英語を学んでいけるでしょう!

1位 ジャンピングカートレイン

【参考価格】10,120円

リズミカルな音が心地よい!ドイツの老舗メーカー!

ドイツの木のおもちゃメーカーとして有名なベック社。品質が高くシンプルなおもちゃとして高評価を得て、次第に世界へと広がっていきました。

 このジャンピングカートレインは、車がカタカタと落ちていくという単純なおもちゃです。しかしその落ちていく車のリズミカルな音が、子どもにとっては興味深いのです。まだ自分で車を転がす事ができない赤ちゃんでも、大人がやって音を聞かせてあげてください。

【保育士からのワンポイント!】
1歳前の赤ちゃんは横の視野が狭いと言われています。そのため、この縦に長いおもちゃは小さな赤ちゃんにとって丁度良く目で追いやすいのです。耳や目に良い刺激を与えてくれるおすすめのおもちゃです!

まとめ

 知育玩具といっても、お勉強をするなど堅苦しいものではありません。特に0歳児は、五感を刺激してあげるおもちゃや環境が必要不可欠です。積極的に環境を整えてあげましょう。

 子どもが喜んでいる!楽しんでいる!これだけでも成長発達には良い刺激です。親子で一緒に楽しみながら、共に成長していけると良いですね!

 

おすすめの記事