人気記事
室内虫除けグッズおすすめ9選!夏の虫対策に効果的な方法を伝授!【ペット対応も!】

春から夏にかけてはお家の周りに虫が出る季節…。特に梅雨に入ると湿度が高くなり急激に虫の量も多くなりますよね。「どこから入ったの?」「また虫が…」と度々退治するのもかなり手間でしょう。そこで本記事では室内の虫除けグッズのおすすめ商品や夏の虫対策に効果的な方法を伝授します。

虫除けグッズを使うメリット

寝ている間に「ブーン」と耳もとに蚊が来たり、洗濯ものにカメムシがついていたりと、夏場はお家で過ごしているのになぜか虫と遭遇しますよね。虫が苦手な方はどうしていいかわからなくなることも…。

そんなときは虫除けグッズを使ってみてはいかがですか?虫除けグッズを使うとメリットがたくさんありますよ。

快適な睡眠


家の中に虫が入ると、寝ている間に蚊にさされたり、なんだか顔の周りに飛んでいたりと、なかなか寝付けません。朝早くに家を出てお仕事している方、1日家事や子育てに奮闘している方にとっては疲れをとるための睡眠は欠かせない時間です。

予め虫除けグッズを自宅に設置しておけば、虫に邪魔されず快適な睡眠がとれます。「寝るときに虫が気になる!」という方は虫除けグッズを使うことをおすすめします。

 

 

虫を直接退治する機会が減る

幼い頃は「虫なんて怖くない!」と思っていても大人になると途端に苦手に感じる方も…。虫を退治することが億劫で遭遇する度に何時間も格闘するのは嫌ですよね。特に一人暮らしの人は周囲に頼れる人間が少ないので自分で退治するしか方法がありません。

しかし、虫よけグッズを設置しておけば虫と遭遇する機会が減るので必然的に退治する機会が減ります。虫が苦手と感じる方は必ず設置しておきましょう。

筆者はゴキブリが苦手で一人暮らしをしたばかりのとき、夜中に2時間格闘しました。様々な種類の洗剤を振りかけてその日はなんとか乗り切りましたが、翌日に虫除けグッズや殺虫剤を購入して徹底した対策をした記憶があります…。

虫除けグッズのタイプはどれを選べばいい?

夏の暑い季節は虫除けグッズが必須アイテム。では実際に購入する際にはどのような虫除けグッズを選べばいいのでしょうか?虫除けグッズは様々なタイプがあります。

どこに設置したいか、どんな虫の対策として使うかによってタイプが分かれますので購入時の参考にしてください。

 

リキッドタイプ


リキッドタイプの虫除けグッズはコンセントにつないで、液体を気化させるベープタイプのものがあります。ニオイもほとんど感じることがありません。専用の機械さえ最初に購入しておけば中身を詰め替えるだけなので、比較的コストパフォーマンスが高い商品が多いです。

セットしてからベッドに入れば、寝ている間に虫を駆除してくれるので快適な睡眠時間を得ることができます。

 

吊るすタイプ


玄関のドアやベランダにある物干し竿に吊るすことができるタイプ。虫は種類によって排水溝や水道管から登ってくることもありますが、純粋に人が出入りするドアの隙間から入り込むことがほとんどです。

この事態を防ぐには、家に出入りするドアの周りに虫除けグッズを設置するといいでしょう。川や公園が近い場所に住んでいる方は虫が多く生息している環境なので吊るすタイプを設置しておくことおすすめします。

筆者は春に引っ越しましたが以前の家よりも公園が近いからか、虫を多く見ます。近所の家を見渡すと皆さん、吊るすタイプの虫除けグッズをベランダと玄関に設置して対策をしていました。

据え置きタイプ


据え置きタイプはお部屋のどこかに設置しておくだけでいいので非常に手軽な虫除け方法といえます。例えば玄関には人が通るとセンサーが感知してくれるものもあれば、コバエ取りやブラックキャップのように餌でつり、虫を駆除するものもあります。

据え置きタイプは害虫全般に対応するものもあれば、コバエ、ゴキブリ、蚊などそれぞれの種類の虫を駆除する専用のものなど幅広く展開されています。生活をしている上でどんな虫に悩まされているかによって複数個設置してみるのもいいでしょう。

小さい据え置きタイプのものはペットを飼っている方は少し注意が必要です。筆者は子猫を飼っているのですが、我が家にお迎えする前に設置していたブラックキャップで遊んでいました…。ペットの手に届かないところに置くというのも考慮しておくといいですよ。

虫除けグッズを選ぶポイント!

年々、新商品が登場したり、実は虫除けグッズはかなりの種類が販売されています。古くから馴染みのあるメーカーはもちろん、今までにない新しいものも店頭で見かけるようになりました。

虫除けグッズを選ぶポイントを抑えておけばどんな虫除けグッズを購入すればいいか選びやすいはずです。

 

アロマ


虫除けグッズといえば「ニオイが気になる…」「虫除けグッズ独特のニオイはあまりさせたくない…」ということがありますよね。お部屋の外に置くならまだしも、家の中に設置するものはなるだけ“虫除けグッズぽくない”ものを選びたいはずです。

近年ではこうしたお悩みを解消すべく、おしゃれな香りの虫除けグッズが販売されています。お好きな香りの虫除けグッズを探してみましょう。

 

成分


一般的に虫除けグッズに使われている『ディート』は世界的にも有名な成分です。様々な種類の虫に対して効力を発揮しますが、人によってはアレルギーを引き起こす原因ともいわれています。最近注目されているのは『イカリジン』という成分です。

虫除け効果が期待できる上に、お子様にも安心して使えるほど刺激が少ないという特徴があります。ただし殺虫効果はありませんので別で殺虫剤を購入しておくといいでしょう。

お子様だけではなくペットと生活している方はペットに対しての健康被害も考慮する必要があります。最近ではペット対応製品も販売していますので一度確認してみましょう。

 

設置場所


どこに虫除けグッズを設置するかによって購入するものも変わるはずです。洗濯物に虫がよく付着しているのであれば、ベランダの物干し竿に設置するといいでしょう。購入前にどこで虫が発生しているかを突き止めましょう。

 

我が家ではキッチンでコバエが発生するので気になって調べてみたらごみ箱が原因でした。決められた日にしかゴミを出せないのでゴミ箱周りや排水溝付近にコバエ取りを設置しました。

タイプ別に紹介!おすすめの虫除けグッズ9選

それでは早速おすすめの虫除けグッズを紹介します。ここではタイプ別に紹介するので設置箇所を考えて購入時の参考にしてください。

おすすめの虫除けグッズ:据え置きタイプ

まずは据え置きタイプのおすすめ虫除けグッズを紹介します。最初に設置をしておけばそのまま放置しておくだけなので虫が気になる方は1つ置いておくいいですよ。

アース製薬 コバエがホイホイ 2個入り

引用:Amazon.jp
価格:¥1,040

 

コバエを引き寄せるゼリーが含まれており、生気を失ったコバエはそのままゼリーの間に入りこんでしまいます。設置も簡単で購入後フィルムを剥がして置くだけです。虫が苦手で触りたくない方は、一定期間使い終わったら捨てるだけなので楽ちんですよ。

 

筆者宅ではリピート買いしている商品です。生ごみ周りに特にコバエが発生しやすく夏場は困っていましたが、こちらを設置しておくだけで目で見えるコバエが圧倒的に少なくなりました。今では毎年梅雨の時期に購入をして夏のシーズンに設置しています。

アース製薬 ブラックキャップ

引用:Amazon.jp
価格:¥545

 

設置しておくだけでゴキブリを駆除できる虫除けアイテム。対象はゴキブリのみですがかなり効果的な駆除アイテムといえます。ブラックキャップの中に毒入りの餌を仕込ませてあるのでもし、ゴキブリが出てきても巣に戻ったら死んでしまいます。

そのゴキブリの糞を食べて、他のゴキブリも死んでいく仕組みになるのでお部屋の中で頻繁にゴキブリを見つけることが少なくなります。また、1年間効果を発揮するというのも嬉しい点ですね。

なるべくゴキブリの姿を見たくないので一人暮らしをしてからはブラックキャップを設置していました。ブラックキャップを設置してからはゴキブリの出現率が減少し、快適な生活を送っています。

 

 

ライオンケミカル 動物ペット用蚊取り線香


引用:Amazon.jp
価格:¥931

 

どうしても虫除けグッズはペットにとっては、有害物質と感じるものや臭いがキツイものがあります。ペットも家族ですから健康被害も考えなくてはいけません。こちらの商品は動物ペット対応の商品です。

数少ない動物対応の蚊取り線香なのため、安心して設置できます。蚊取り線香の購入を考えている方におすすめですよ。

おすすめの虫除けグッズ:吊るすタイプ

続いて吊るすタイプの虫除けグッズを紹介します。吊るすタイプは蚊やハエが気になる方におすすめです。湿度が高くなると少しずつ虫が増えてくるので早めに対策をしましょう。

 

虫コナーズ 玄関用 虫よけプレート 250日用 無臭

引用:Amazon.jp
価格:\787

 

玄関専用の虫コナーズ。虫コナーズシリーズは虫除けグッズの中でも長年愛されている商品です。効果を発揮するまでの時間が早く設置後10秒で薬剤が広がります。また、紫外線にも強いため製品としても長持ちするでしょう。

玄関からの虫が気になる方には玄関用の虫コナーズの取り付けをおすすめします。

 

虫コナーズ ベランダ用 虫よけプレート 250日用 無臭

引用:Amazon.jp
価格:¥800

 

ベランダ用の虫コナーズ。玄関用よりも風に左右されない形状のストラップが付いています。玄関用と同じく吊るしておくだけなので物干し竿の端っこに設置しておくといいでしょう。ベランダの周りに木や草などの植物が多いのであれば設置して損はありません。

 

虫コナーズ 玄関用 虫よけプレート 366日用 ダマスク柄 無臭

引用:Amazon.jp
価格:¥1,210

 

少し価格は高くなりますが、インテリアになじみやすいデザインの虫除けグッズ。特にお部屋のインテリアにこだわっている人は虫除けグッズを置くと生活感が出てしまうため、あまり置きたくない方が多いのではないでしょうか?

この製品は女性らしい柄をあしらっているのでお部屋に置いてもあまり目立ちませんので、インテリアにこだわりがある方におすすめです!

 

おすすめの虫除けグッズ:リキッドタイプ

最後にリキッドタイプのおすすめ虫除けグッズを紹介します。商品の種類によっては寝室だけではなく玄関にも設置することができます。

 

 

アース製薬 アースノーマット 60日セット


引用:Amazon.jp
価格:¥915

 

アース製薬の中でも長年愛されている商品の一つ。一般的に皆さんが「ベープ」というとこの製品を思い浮かべる方も多いのではありませんか?コンセントに差し込んでしまえばON・OFFのスイッチの切り替え一つで済むのでかなり手軽です。

睡眠時につけておくだけで虫を駆除してくれます。

 

筆者もこの商品には非常に助けられています。家の周りに公園があり蚊が多く発生するので、出入り時に虫が入り込んでしまうことがあります。ノーマットをつけておけばその都度、虫を駆除する、面倒な作業を行うことはありません。

バルサン ワンタッチ 煙タイプ くん煙剤 40g

引用:Amazon.jp
価格:¥1,181

 

虫が苦手な方にぜひおすすめしたいのがバルサン系の虫除けグッズ。薬が気化されて家中に住み着いている虫を駆除します。バルサンといえばゴキブリをイメージしがちですが、様々な種類の虫に対応しています。

一番楽な方法は、家に住む前に行ってしまえば家具や電化製品に液剤がつくことはありません。「虫が大量発生しているなぁ」と感じたら1度行っておくだけでも違いますよ。

 

筆者宅は入居前に行うのを忘れてしまったので、入居後にバルサンを炊きました。火災報知器や家電製品など拭き取りができない物や洗い流せないものに関しては大きなビニールでカバーをしましたが、ゴミ袋で代用できます。バルサン中は家の中に居れないので、お休みの日に愛猫も連れてお出かけをしました。帰宅後はバルサンが完了していて、ビニールを回収するだけだったのでとても簡単です!

 

虫よけビーズ+消臭 森林の香り 屋内用 ハーブ(レモンユーカリ)使用 90日用

引用:Amazon.jp
価格:¥328

 

虫除けグッズのニオイが気になる方におすすめなのがこちらの『虫よけビーズ』。虫が嫌うハーブの香りでチョウバエやユスリカを駆除します。フィルムを剥がせば置いておくだけの据え置きタイプでもあるので手間がありません。

90日間使うことができるので梅雨の季節から設置しておけば夏場は乗り切れるかもしれませんよ。

 

まとめ

今回は夏におすすめの虫除けグッズを紹介しましたが、お気に入りのものは見つかりましたか?虫除けグッズを購入する前に“どこに設置するのか”“どんな虫を退治したいのか”予め決めておくと商品を選ぶ際にも困りません。

おすすめの記事