人気記事
【出産時の入院グッズリスト】持ち物確認で出産の事前準備を万全に!

出産前は、お腹の中の赤ちゃんの様子やママの体調、産後の生活など何かと心配事が多くなりますよね。特に初めてのお産だと、陣痛が来てから入院までの流れや産院での生活などに漠然とした不安を抱えているママも多いのではないでしょうか。

 

でも、心配しなくて大丈夫です!医師や助産師さん、身近な家族に頼りながら、赤ちゃんとの対面を楽しみに待っていましょう!

 

リラックスして残りの妊婦生活を楽しみながら、余裕を持って入院グッズを準備しておくことが大切です。2度の出産を経験した私が、準備のポイントやおすすめグッズをご紹介します!

 

 

 

入院に必要なものは?

入院に何が必要なのか、まずは持ち物をしっかりと確認しておきましょう!

 

産院でもらったリストをチェック!

妊娠初期の段階で、ほとんどの人が産院から妊娠出産に関する書類をもらっていると思います。この書類に入院中の生活やスケジュール、持ち物などが記載されているので、しっかりと確認しておきましょう。このような書類をもらっていない場合でも、出産が近くタイミングで必ず産院から説明があるので、持ち物リストをチェックしてくださいね!

 

私は妊娠が確定した時点で、妊娠中の生活(食事の注意点や適した運動)や入院の際のスケジュールなどが詳しく記載されたファイルをもらいました。このファイルに入院時の持ち物リストがあったので、妊娠初期の時点で何が必要なのかを知ることができました。

 

入院時に必要な物の例として…

・授乳パジャマ
・産褥ショーツ
・ナプキン(悪露用)
・授乳クッション
・ママ&赤ちゃんの着替え(肌着や洋服)
・おくるみ 
・セレモニードレス(退院時用)
・おむつ&お尻拭き
・授乳トラブル用の保護クリーム
・母子手帳
・筆記用具(書類や記入や赤ちゃんの記録のため)
・食事カトラリー&コップ
・お風呂グッズ
・歯ブラシ

 

実際に入院してみて、「産院でもらえると思ったのに!」ということにならないように気をつけましょう。産院によって持ち物が違うので、リストをしっかりと確認しておくことが大切です!

 

私は1人目の産院で入院中のパジャマを用意するようにと指示がありましたが、2人目の時は産院のパジャマを着用するので必要ないと言われました。また2人目の時は授乳クッションがお産セットに含まれていて、わざわざ購入する必要がなくてありがたかったです!

 

自分で準備しておくグッズ

出産には、前述したような入院グッズが必要です。しかし、産院によっては自分で用意する必要のない物もいくつかあります

 

食事用のカトラリーやお風呂グッズは、産院のアメニティとして用意されている場合も少なくはありません。悪露用のナプキンや授乳トラブル用のクリームもお産グッズとして産院から貰える場合があるので、よく確認しておきましょう。

 

赤ちゃんグッズに関しても、おむつやお尻拭きは全て貰える場合や1パックまでプレゼントなど様々です。

 

私が出産した産院では、おむつもお尻拭きも1パックずつ貰え、それ以降は売店で購入していました。

 

おくるみやセレモニードレスは必須の持ち物ではないので、必要な人は準備しておきましょう!

 

入院中に購入できるもの

総合病院や大きな産院では、院内に売店があります。ここで生活用品を購入することができるので、足りない物や忘れ物があっら買い足しましょう。

 

    1. シャンプー&リンス
    1. おむつ&お尻拭き
    1. ナプキン
    1. カトラリー
    1. 歯ブラシ
    1. 筆記用具

 

これらは産院で購入することができます。また産院によっては授乳トラブル用のクリームや骨盤ベルトなども購入可能です。出産前の準備の段階で必要かどうか迷ったものは、入院中に産院で購入しても良いかもしれませんね。

 

いつから準備するべき?

では、実際にいつ頃から入院準備を始めるべきか、ポイントなども交えてご説明していきます!

 

妊娠後期になったら準備を!

妊娠後期に入ると、助産師さんからも入院の準備を始めるようにと説明があると思います。妊娠8ヶ月くらいになったら準備を進めましょう!

 

妊娠中の体調は人それぞれです。私は安定期に入って悪阻のピークは抜けたものの、出産前日まで気持ちが悪かったり目眩がしたりと悪阻が続いていました。また妊娠後期になるとお腹が張りやすくなるので、入院の準備は一気に行わず体調を見ながら無理のないペースで進めていくことが大切です。

 

お腹が張ったら休む今日は買い物だけ家族が家に居るときに手伝ってもらう。など、とにかく無理をしないでゆっくりと準備をしていきましょう!!そのためにも、余裕を持ったスケジュールで荷物を用意しておくと良いですね!

 

忘れ物をしても大丈夫?

忘れ物をしてしまったらどうしよう…。と不安に感じているママも多いのではないでしょうか。でも大丈夫!もしも忘れ物をしてしまっても、物によっては産院で貸し出ししてくれたり売店で購入できたりします。あまり準備に神経質になり過ぎないようにしましょう!

 

家族や身内が頻繁に面会に来てくれるのなら、忘れ物を持ってきてもらうという方法もあります。万が一忘れ物をしても何とかなるので、安心してお産に臨んで赤ちゃんとの時間を楽しんでくださいね!

 

バッグはどんな大きさ?使いやすい形は?

入院バッグの大きさも悩みどころです。荷物の量や移動などを考慮してバッグを選びましょう!

 

キャリーバッグ

キャリーバッグは車輪がついているので、身重の妊婦さんでも移動が楽でおすすめです。ただ、4人部屋の病室は荷物を置くスペースがあまりありません。大きなサイズのキャリーバッグは場所を取ってしまうので、邪魔になる可能性が考えられます。キャリーバッグの場合は小さめサイズを用意すると良いでしょう。

 

荷物を少なくするポイント!
・着替えは2〜3日分だけ持っていき、ランドリーを利用したり家族に洗濯をお願いする。

・使わなくなった荷物はその都度家族に持って帰ってもらう

圧縮袋で荷物を小さくする。

・カトラリーやお風呂グッズなどは使い捨てのものを用意する。

 

このように荷物を最小限にしておけば、入退院の際の移動もスムーズです。特に退院時は赤ちゃんと一緒に帰るので、荷物は少なくバッグは持ちやすいタイプがおすすめ!また退院時の移動手段(車や電車、徒歩など)も考慮しておくと良いですね!

 

ボストンバッグ

ボストンバッグの場合は、キャリーバッグに比べて移動の際に少々不便さを感じるかもしれません。しかし、ボストンバッグは省スペースにも置けるのでおすすめです。

 

私はベッドサイドの棚にボストンバッグを収納したので、4人部屋でしたがスペースを広々使えました。赤ちゃんのベッドの移動も無理なくできて良かったです!また荷物は使い捨てをたくさん利用し、洋服やタオルは面会時に家族に持って帰ってもらったので、帰りは軽々でした!

 

荷物の量や移動手段などを総合的に見て、適したバッグを用意しましょう!また退院時の赤ちゃんの移動手段(抱っこ・ベビーカー・車・ベビークーハン)も考慮することがポイントです。

 

小さめバッグを1つ!

入院中は、家族や友人との面会でデイルームに行ったり、売店で買い物をしたりとちょこっとした移動があります。他にも、赤ちゃんの沐浴やママの検診、シャワーなどもあるので、1日のうちで何回か自分の病室から出ることがあります。貴重品類の管理は自己責任なので、移動の際には小さめバッグに荷物を入れて持ち歩くようにすると安心です。

 

出産直後は体のあちこちが痛くて、ベッドから起き上がるのさえ辛く感じます。帝王切開の場合は尚更、ちょっとした動きでも激痛が走ります。

 

そのため、ベッドサイドに小さめのバッグを用意しておきましょう!ここに貴重品やスマホ、リップクリームなど頻繁に使う物を入れておけば、わざわざ移動する必要がありません。S字フックなどに引っ掛けておけば、ベッドが狭くならず便利に快適に過ごせます。

 

私は帝王切開での出産だったので、ベッドサイドにフックをかけて小さめサイズのバッグを置いていました。手を伸ばせば必要なものが取れるので、とても便利でした!安全面も考えて、チャック付きのバッグがおすすめです!

 

いつも使っている斜めがけバッグやウエストポーチなどでも良いと思います!わざわざ購入する必要はありません。家にある小さめバッグを持っていけば、産後の病室での生活が快適になるのでおすすめです。

 

 

おすすめ入院グッズ!

2度の出産を経験した私が、「これが便利だった!」「こんなのあったら良かったな!」というグッズをご紹介します!

 

授乳パジャマ&ルームウェア 

授乳パジャマは産院で貸し出ししてくれる場合もありますが、退院してからも自宅で使用するので1着は持っておきたいアイテムです。

 

BOAPLANTS マタニティパジャマ

【参考価格】3,680円

rakuten.co.jp

 

普段着としても着られるセットアップ!

 

妊娠中から着られるパジャマです。お腹周りの伸縮性が良いので、産後も問題ありません。授乳口は片手で開けられるので、赤ちゃんを抱っこした状態でも簡単に母乳をあげられます!

 

おすすめポイント!
オシャレなセットアップなので、お出かけ着としても使えます。

・お腹周りがリブ素材になっているので、冷えからも守ってくれます

・形がヨレにくい作りなので、産後授乳が終わってからも長く着られます

 

マタニティと授乳服のaristacc  マタニティパジャマワンピース

【参考価格】3,480円

rakuten.co.jp

 

シンプルでオシャレなワンピースタイプ!

 

春先や秋頃に丁度良いマタニティワンピースです。こちらも妊娠中から授乳中まで長く使用することができ、普段着としても着られます。産後は浮腫みやすいので、着圧スパッツなどと合わせても良いですね!プリーツのスカートやワイドパンツと合わせると、流行を取り入れたオシャレな着こなしができたりと、様々なファッションを楽しめます!

 

SOIM 授乳ワンピース

【参考価格】2,500円

rakuten.co.jp

夏 授乳服 授乳ワンピース 授乳パジャマ ロング丈 半袖 マタニティワンピース 薄手の柔らかストレッチ素材 韓国授乳服 韓国マタニティプレママ 出産入院準備 出産祝い 人気 出産祝い おしゃれ ブランド ワンマイルウェア ルームウェア コットン100%

 

暑い時期にサラッと着られるワンピース!

 

薄手の生地なので、暑い夏の時期にピッタリの授乳パジャマです。産院の病室は年中暖かいので、パジャマの予備として薄手のこのワンピースを1枚持っておいても良いですね!授乳口はサイドに付いていて、片手で簡単に授乳できます。また授乳口が目立ちにくいので、普段着としても問題なく着られておすすめです。カラーは他にも淡いブルーとピンクがあり、どれも色味が綺麗でオシャレ!お手頃価格なのも嬉しいですね!

 

赤ちゃんグッズ

赤ちゃんグッズは退院してからも必ず使うアイテムです。赤ちゃんに優しいグッズを揃えましょう!

 

ALIFE PLUS おくるみガーゼ

【参考価格】1,380円

rakuten.co.jp

 

1枚は持っておきたい!万能に使えるおくるみガーゼ!

 

赤ちゃんのおくるみは、必ず用意しなければならない入院グッズではありません。しかしこのようなおくるみは本当に様々なシーンに使えるので、出産を機に用意しておく事をおすすめします!

 

お昼寝やちょっと寒い時など、体温調節が上手くできない赤ちゃんには大活躍するアイテムです。また入院中、ママの膝掛けとしても使えます。他にも、退院してからはベビーカーや抱っこ紐での移動中に日除けや寒さ対策としても活躍してくれるでしょう!

 

おすすめポイント!
・赤ちゃんを無理なく包み込めるサイズで肌触りも抜群!赤ちゃんに安心感を与えられます。

・ガーゼタイプで速乾性に優れているので、頻繁に洗濯できて清潔を保てます。

・デザインの種類が多く、どれも可愛くてオシャレ

 

ベビーギフトショップ 帽子付きベビードレス

【参考価格】3,278円

rakuten.co.jp

 

お祝い事が終わっても、普段着として着られるセレモニードレス!

 

セレモニードレスって、退院時とお宮参りなどでしか使わなくてもったいないですよね。値段も比較的に高めなので、購入していないという人も多いのではないでしょうか。

 

このセレモニードレスはお手頃価格でデザインもシンプルなので、全てのセレモニーが終わってからも普段着として着用できます素材は綿100%で肌に優しいので、敏感な新生児の肌でも安心です!

 

スキップハウス オーガニックコットン肌着セット

【参考価格】2,588円

rakuten.co.jp

 

オーガニックコットン100%の肌着!

 

赤ちゃんが小さいうちは、おむつの漏れやミルクなどの汚れが多く、あっという間に肌着が着られなくなってしまいます。何枚あっても困らないというくらい肌着が必要になるでしょう。また赤ちゃんの肌は敏感なので、肌に優しい素材の洋服を選んであげることが大切です。

 

おすすめポイント!
・赤ちゃんの肌を考え、素材だけでなく縫い目も外側にして肌刺激を軽減

・コンビ肌着も短肌着も紐で調節できるので、赤ちゃんの体にピッタリフィット

 

ピジョン ベビーこだわりおていれセット

【参考価格】2,270円

rakuten.co.jp

 

赤ちゃんのお手入れに必須なアイテムが揃った便利なセット!

 

爪切り」「ブラシ」「鼻吸い器」「ピンセット」がセットになったアイテムです。プラスチックのケースに入っているので衛生的に保管ができ、持ち運びにも便利!

 

赤ちゃんの爪は想像以上に伸びるのが早いので、出産前には準備しておきましょう。爪切りを貸し出ししてくれる産院もありますが、それほど荷物にもならないので持っておくと良いですね!

 

ママグッズ

入院中は、初めての赤ちゃんのお世話でてんやわんや!なんてことも珍しくはありません。しかし、この入院中にしっかりとママの体を休めておくことも大切です。リラックスできるアイテムを揃えておきましょう!

 

トコちゃんベルト2

【参考価格】6,333円

rakuten.co.jp

 

産前から使える骨盤ベルト!

 

妊娠出産によりママの骨盤は大きく開き、腰痛だけでなく内臓や足の不調なども引き起こしてしまいます。そのため、産後は骨盤を正常な位置に戻してあげることが大切です。

 

トコちゃんベルトは骨盤を支えながら体を整えてくれるので、無理矢理締め付けて筋肉や内臓に悪影響を与える心配がありません体を正常な状態へと導いてくれるので、産後の体型を元に戻すことも期待できるのです。

 

Vin Rouge トラベルポーチ

【参考価格】980円

rakuten.co.jp

 

吊るして使えて中身も見えるのでとっても便利!

 

入院中は、シャワーの時間が予約制だったり1回30分と定められていたりと時間が限られています。また病室の洗面台やトイレは他の産婦さんと共有するので、あまり時間をかけることはできません。赤ちゃんの授乳や身の回りのお世話などもあるので、一つ一つの行動を効率的に手際良くすることがポイントです。このポーチは大容量で吊るしておけるので、サッと手に取れて便利に使用できます!

 

おすすめポイント!
撥水加工が施されているので、そのままお風呂に持っていけて便利!

・ポケットが付いているので、吊るしておけば簡単に歯ブラシなどを取り出せます

大容量なので、スキンケアグッズなど全てが収納できます。

 

徳安マーケット Nジュエルフラワースリッパ

【参考価格】1,320円

rakuten.co.jp

 

水洗いができる可愛いスリッパ!

 

ほとんどの産院で、持ち物リストの中にスリッパが入っていると思います。入院中は靴ではなくスリッパで病棟内を移動するので、滑り止めが付いていたり窮屈に感じないものを選びましょう!

 

このスリッパは洗濯することができます。病棟の床は外から来た人も歩くので、思っている以上に汚れていて帰る頃にはスリッパの裏側が真っ黒になってしまうのです。そのため、洗えないスリッパや普段自宅で使っているスリッパなどは避けましょう。

 

私は使い古して捨てようと思っていたスリッパを入院用に持っていき、新しく購入したスリッパを自宅用に新調しました。衛生面や汚れを気にしている人は、安いスリッパを購入して使い捨てにするか、使い古したスリッパを持っていく事をおすすめします。

 

リビングート スマートフック

【参考価格】508円

rakuten.co.jp

 

カバンに1ついれておけば、どこでも荷物を衛生的に置ける!

 

ベッドサイドや棚にフックをつけておけば、院内移動用のミニバッグをかけておいたり一時的にタオルをかけたりと快適に過ごせます。またこのフックはコンパクトに折り畳めるので、普段のお出かけなど持ち歩きにも便利です。

 

産後はベビーカーの荷物フックにしたり自宅の荷物かけにしたりと万能に使えるので、持っておいて損はありません!

 

出産準備5点セット

【参考価格】3,278円

rakuten.co.jp

 

入院グッズをあれこれ揃えるのは、身重な状態で大変ですよね。産褥ショーツや授乳下着など、それぞれどんなものを購入すれば良いのか迷っているのであれば、このセットがおすすめです!

 

おすすめポイント!
・産褥ショーツは股上が深めで、急な帝王切開になった場合でも問題なく着用できます。

・ハーフトップは母乳パッドが入れられるポケットが付いていたりオープンしやすくなっていたりと、使いやすさ抜群!

縫い目やタグが外側に付いているので、肌に優しく快適!

 

メデラ ピュアレーン

【参考価格】1,080円

rakuten.co.jp

 

拭き取らずにそのまま授乳ができるクリーム!

 

初めての授乳は、ママの胸のトラブルが付き物!と言って良い程頻繁に起こります。赤ちゃんが母乳の飲み方をマスターするまでは、痛みや傷が続くかもしれません。

 

私は初めての授乳の翌日に、両胸の乳頭が切れて出血してしまいました。陣痛や傷口の痛みを忘れるくらいの激痛で、涙が出るほどです。産院のお産セットの中にこのクリームが入っていたのですぐに塗ったところ、症状や痛みが緩和されていきました。毎日クリームを頻繁に塗っていたのですぐに無くなってしまい、売店で買い足しした事を覚えています。それくらい必須なアイテムでした!

 

このクリームは無添加で天然素材100%!痛みや傷口を保護した状態のまま、赤ちゃんに母乳を与えることができます。乾燥した肌にも使える万能クリームです!

 

まとめ

初めての出産に入院だと、あれこれ不安になりますよね。さらにいつ来るかわからない陣痛にドキドキしたりと、なかなか心休まる時間がないかもしれません。

 

妊娠後期も終盤に差し掛かると、お腹が張ったり腰が重くなったりと動き辛くなってきます。また予定よりも早く陣痛が来る可能性も十分に考えられるので、入院グッズの準備は余裕を持って動ける時に終わらせておきましょう。ぜひここでおすすめしたグッズやポイントを参考にしてみてくださいね!

おすすめの記事