人気記事
マスクを着けても耳が痛くならないグッズ12選!

日常生活にマスクが手放せなくなりました。人と会うときや外出時マスクを着けるのがマナーとなった今、長時間マスクをつけることで耳の痛みを訴える方も…。

そこで今回はマスクを着けても耳が痛くならないという便利グッズを紹介します。

マスクを着けると耳が痛くなる原因とは?

   

基本的に家を出たらマスクをつけっぱなし、という方も多いのではないでしょうか?マスクをするのが当たり前になった今「夕方になると耳が痛い」「耳に激痛が走る」と、耳に痛みを訴える方も急増しました。

実はマスクが原因です。ぜマスクをつけると耳が痛くなるのでしょうか?

圧迫している

長時間マスクをつけることで、耳の回りの筋肉を圧迫してしまいます。頭の横にある側頭筋や、首の後ろからついている胸鎖乳突筋など、ゴム紐をすることで筋肉に負荷がかかるのです。

特にマスク紐が細いタイプのものを使用している人は、より顔周りの筋肉を圧迫しやすいので注意が必要です。

長時間つけている

 

長時間マスクを装着していることで、耳の後ろの部分にゴム紐が食い込み筋肉を圧迫してしまいます。ひどい人ではマスクが原因で頭痛が起こることも…。

長時間マスクを着けて耳が痛いのであれば、人がいないところでマスクを数分外して筋肉の緊張を和らげて下さい。

マスクのサイズが合っていない

自分の顔のサイズに合ったマスクを探すのは、かなり困難なことかと思いますが、マスクのサイズも耳が痛くなる原因の一つ。例えば自分の顔のサイズより小さなマスクを着けていると、ゴム紐が伸びてしまい頭の横の筋肉や耳の後ろの筋肉を圧迫しかねません。

「毎回マスクを着けると耳が痛くなる」という人は、マスクのサイズの見直しをしてみましょう。

マスクによる耳の痛みの対策方法

マスクによる耳の痛みにより頭を抱えてしまうほどひどい痛みを感じる人はもちろん、あまり強い痛みではない人でも気分は落ち込んでしまいます。仕事にも支障がでてしまいますから、できれば耳の痛みは回避したいですよね。

そこでマスクによる耳の痛みの対策方法を解説します。

サイズを確認する

「毎回マスクを着けると耳が痛くなる」という方は、改めてサイズを確認してみてください。「少し小さいかも?」「引っ張られてる感じがする」というのであれば、マスクのサイズが小さく紐で側頭部を圧迫している可能性があります。

マスクゴムを付け替える

洗える布マスクならば、マスクのゴム紐を付け替えると良いでしょう。ゴムタイプだと顔の周りの筋肉を圧迫してしまうので、紐タイプにすることをおすすめします。中にはマスク紐の長さを調節できる耳が痛くならないグッズも販売されています。

筋肉を圧迫しない紐に付け替えて長さが調節できるようにしましょう。

便利アイテムを使う

マスクによる耳の痛みを感じる方は、便利グッズの使用を推奨します。ゴム紐の付け替えが面倒だと感じる方はゴムの伸縮を緩和するグッズも販売されています。

また、マスク紐を引っかける耳の部分につけるイヤーカフなども販売されているので、積極的に耳が痛くならないグッズを使用しましょう。

 

耳が痛くならないグッズの選び方

ではマスクを着けても耳が痛くならないグッズは、どのようにして選べばいいのでしょうか?種類も豊富な一方で選び方に迷ってしまう人も。ここでは耳が痛くならないグッズの選び方を解説します。

素材

マスクを着けても耳が痛くならないグッズを選ぶ際は、なるべく皮膚や筋肉を傷めないシリコン製もしくはゴム素材のものを選びましょう。特にゴム製品の便利グッズを使う際は、どれくらい伸縮するのかゴムの強度のチェックも必要です。

ゴム幅が広い

バンドタイプの耳が痛くならないグッズを購入する際は、なるべくゴム幅が広いものを選びましょう。幅が小さいとその分頭皮や耳が圧迫してしまいます。耳が痛くならないグッズはおしゃれなものもありますが、人によっては耳が痛くなる場合も。

デザイン性をこだわることも重要ですが、しっかりと耳の痛みを緩和する便利グッズを選択してください。

 

マスクを着けても耳が痛くならないおすすめグッズ12選

それではマスクを着けても耳が痛くならない便利グッズを紹介します。「頭が痛い」「とてつもない痛みに陥る」という方はぜひ購入を検討してみて下さい。

全15色 長さ調節&ワンタッチ マスクバンド

        

引用:Rakuten.jp
価格:¥800

長さ調整も可能な耳が痛くならないマスクバンド。長さを自分好みに変えれるので、後頭部や首の後ろなどつける場所によって調整ができます。また、15色というカラーバリエーションも豊富なため、ご家族でお揃いにしてもいいかもしれません。

 

マスク シリコンイヤーフック

引用:Rakuten.jp
価格:¥880

どんなマスクにも対応できるイヤーカフ。ゴム紐をカバーしているのはシリコン素材。そのため汚れたら簡単に洗えるので手入れも楽々。またイヤーカフなら目立ちにくく、さりげなく耳の痛みを軽減してくれるので、「マスクバンドが嫌だ」という人におすすめです。

 

マスクバンド20個セット

引用:Rakuten.jp
価格:¥1,980

マスクバンドに引っ掛けるだけで、簡単にマスクによる耳の痛みを軽減できる便利グッズ。幅の広いバンドタイプになっているので、後頭部や首の後ろに引っ掛けても痛みをしっかり緩和します。

3段階長さを調整できるので、大人から子供まで幅広く活用できるでしょう。

 

【お得な2点セット】おしゃれマスクフック

引用:Rakuten.jp
価格:¥1,350

柔らかな合皮レザーを採用したマスクバンド。「皮だから痛そう」と思ってしまいがちですが、頭にフィットしやすい素材のため、マスクによる耳の痛みを軽減してくれます。また無地と花柄の2種類から選べる2点セットなので、気分に合わせてマスクバンドを変えてみてもいいかもしれません。

 

【5個セット】マスクの補助パーツ

引用:Rakuten.jp
価格:¥799

4パターンの方法でフックに引っ掛けられるマスクバンド。初めてマスクバンドをつける人は少し違和感を感じますが、その場合には他の3パターンを試すこともできます。

さらに長さの調節が可能なので、どんなマスクでもフィットしやすいマスクバンドと言えるでしょう。

5個セットなら予備用として持っていてもいいですし、家族とシェアするのもありです。

【ピタッとマスク 黒×黒】 外せる マスクバンド

引用:Rakuten.jp
価格:¥660

「マスクバンドって便利そうだけど目立つ…」マスクバンドは正直なくてもいいものですが頭や耳が痛くなるという人にとっては必須アイテムといえます。しかし、マスクバンドは目立つデザインがほとんど。

そこで提案されたのが黒髪なら目立たないブラックカラーの細目のマスクバンドです。自分で好きな長さにカットできるコイルなので、「ちょっと大きいかも」なんて失敗もしません。

 

なんでもマスク マスククリップ

引用:Rakuten.jp
価格:¥880

身の回りにあるガーゼやハンカチがマスクに早変わりするマスクバンド。一時期は日本でもマスクを入手するのがかなり困難な状態になりましたよね。高値で販売され、手が届かないような金額で売られるケースも。

現実問題、いつそうなるかわかりません。また、マスクを忘れたときにも即席でハンカチなどでマスクが作れる便利アイテムといえます。もちろん市販のマスクも紐を切ってしまえば、マスクバンドをつけるだけで使えますよ。

 

luminio耳が痛くならないマスクグッズ

引用:Rakuten.jp
価格:¥1,300

どうしてもマスクバンドは後頭部や耳の後ろと、他人の目に留まる位置に着けることになりますよね。中にはマスクバンドが「ダサい」という声も一部あります。特に女性は身だしなみを気にしますから、できるだけおしゃれなマスクバンドがいいはず!

そんな方にぴったりなのが髪留め風のマスクバンド。お花をモチーフとした合皮レザーで作られており、レトロ感のある色彩が特徴です。また、マスクバンドを使わないときはキーホルダーとしても活用できます。

 

ちりめん丸紐

引用:Rakuten.jp
価格:¥550

耳が痛くならないようにマスクバンドを探している人はもちろん、おしゃれなマスクバンドを使いたいという人にもおすすめのグッズ。まるでアクセサリーのような華やかさを感じさせることができます。

長さ調節もできるので、頭の後ろにかけてもよし、首の後ろでつけてもおしゃれです。

女性はマスクをつけていると顔が覆われてしまい、あまりメイクが楽しめませんが、こうした新しいおしゃれを取り入れるのもいいかもしれませんね。

マスク用クリップ付きリボン

引用:Rakuten.jp
価格:¥1,470

まるでヘアクリップのようなマスク用クリップ付きリボン。髪の毛を頭の後ろで束ねれば、そのまま髪留めになります。髪の毛が長い女性の人は頭の後ろにとめるマスクバンドが少し邪魔に感じてしまいます。

しかしこの耳が痛くならないグッズなら、一緒に髪の毛を留められるので、女性も嬉しいですね。

 

マスクストラップ mimiraku

引用:Rakuten.jp
価格:¥495

お子様も幼稚園や保育園で過ごすとき、もしくはお出かけする際にマスクを身につける習慣ができたと思います。しかし「耳が痛くなるからつけたくない」というお子さんもいますよね。

そんな方におすすめなのがミミラクの耳が痛くならないグッズ。どんなマスクにも合うサイズなので使いまわしができます。また「普通のマスクバンドをつけると大きい」と感じる女性の方にも使用できます。

 

リバティ 耳が痛くならない グッズ

引用:Rakuten.jp
価格:¥1,100

本革で作られた耳が痛くならないマスクグッズ。バンドに引っ掛けてボタンで留めるので「マスクが外れてしまった」なんてこともなく安心して使用できます。若者に流行りのレトロさを感じる柄なので、おしゃれさもグンッとアップします。

髪の毛を留めた上でも頭の後ろでもどこでも使えるグッズです。

 

まとめ

今回は耳が痛くならないマスクグッズを紹介しましたがいかがでしたか?どうしてもマスクをつけることが一つのマナーといえる世の中になりました。しかし家を出てから長時間着けていると頭痛などの問題に直面します。

快適に過ごすためにも耳が痛くならないグッズを活用して、お出かけを楽しんでください。

おすすめの記事