人気記事

有名なGoProなどアクションカメラというと高額なイメージがありますよね。しかし、他のメーカーはよくわからないしという方のために今回は、安くておすすめのアクションカメラのご紹介、選び方の紹介をいたします。

 

選び方

迷うの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

まず、選ぶ際に重要なのがどこを重要視するべきなのかということです。

例えば、

高画質で撮りたい、手ブレが気になる、滑らかで臨場感のある映像を撮りたい、

など、それぞれ重要視するポイントがあると思います。

まず、選ぶポイントについてご紹介します。

画質

映像の綺麗さに関わるもので、ビデオカメラの主流のピクセルが フルHD1920×10802K)なのに対して、4Kというものが搭載されているアクションカメラが発表されています。

4K3840p×2160ピクセルでフルHD4高精細に録画することが可能になります。

ポイント

4Kを用意できるなら4K、不可能な場合はフルHD

フレームレート(fps)

映像の滑らかさに関わります。フレームレートは1秒間に何コマ撮っているのかの数値になります。フレームレートが低いものだと、映像がカクカクして見えたりします。物によっては30fps(フレーム)程度のものがありますが、

24から60fpsまでありますが 最低30fps のものを選びましょう。

最低30fpsでも十分の性能ですが映像が滑らかに見えるのは60fpsなので可能なら60fps対応のものを選ぶようにしましょう。

ポイント

30fps以上対応のものを選ぶ

手振れ補正

手ぶれ補正というのは、手持ちで撮影する際にカメラが手振れで動いてしまうのをカメラ自体が修正して動いていないかのような映像にします。手ぶれ補正がついていないものだと、画面酔いしてしまう場合もあります。

手ぶれ補正には光学式電子式の2種類があり、光学式は電子式よりも補正能力が優れていると言われています。映像がぶれないため、画面酔いしにくく滑らかな映像になります。

ポイント

電子補正のものより光学式の方が補正能力が高い。

広角レンズ

レンズが広角な事により、より広い画角での撮影が可能になります。

広角レンズは人間視野より広い物のことを指します。人間の目は両目で170°から200°と言われています。そのため画角が180°程度のものを選ぶことで、その場で見ているような映像になるので、撮影がしやすく見ている側も臨場感溢れる映像になります。

広角レンズではないものを使用よりも広角レンズの方が遠近感が出やすいのも特徴の一つです。

しかし、魚眼レンズなどの物を使用すると映像が歪んでしまうので注意しましょう。しかし、歪みを修正するソフトなどもあるので、歪みを軽減することはできます。

 

ポイント

画角が180°程度のものを選ぶ

その他の機能

その他の機能について紹介します。

1Wi-Fi機能

Wi-Fiが搭載されていると撮影した動画などをすぐにSNSにアップロードすることができたり、専用のアプリをインストールすることでスマホから撮影など操作やディスプレイがわりに使用したりなどができます。

2タッチパネル対応

アクションカメラ自体に搭載されている、ディスプレイを使用する際にスマホなどのようにディスプレイをタッチして操作することが可能になります。

ボタンを押しての操作がなくなるので、スマホなどに慣れている方は、直感で操作することが可能なので、カメラの設定を操作することが容易になります。

 

3雨や水に濡れても平気な防水性能

急な雨などでも防水性能がついていれ壊れる心配がありません。また、ウィンタースポーツ(スキーやスノボ、スノーモービルなど)水の中に入る海水浴やスキューバダイビングなどで使用することが可能です。

最新のハイスペックなものだと防水ケース(またはハウジング)を使用なくても10メートルまで潜航可能なものまであります。

ハウジングを使用する事でもっと深くまで潜航可能になったり防水性能を持たせることが可能になります。

おすすめのアクションカメラ6選

それでは、機能的でおすすめなアクションカメラを紹介していきます。

GoPro HERO8

 

 

 こちらはかなり高額な物になりますが、最も人気なので紹介させていただきます。

大手メーカーでサードパーティー(他企業)から多くのアクセサリが用意されているため、マウントや自撮り棒など多くの製品を選ぶことができます。

最新モデルを購入すると非売品のバックやステッカーなどのものもついてくるのでカメラの保管や持ち運びに役に立ちます。

また、防水ケースなしで水深10メートルまで潜航可能になっています。

ポイント

人気が高いためアクセサリー類が充実している。

価格が他のものよりも高い。

値段

¥55,880

画質

4K

2.7K

フルHD

フレームレート(fps

60fps

30fps

24fps

バッテリー様式

取り外し可能

防水性能

ケースなしで10メートル

手ぶれ補正

電子式

SONY FDRX3000

ハンディカムで有名なソニーから発売されている、アクションカメラで光学式の手振れ補正を搭載しています。そのため、非常に優れた手ぶれ補正能力になります。

また、側面にディスプレイ搭載のため撮影時どんな画角で撮れているのかカメラから確認できるので非常に便利です。

ポイント

光学式の手ぶれ補正が搭載されている。

側面にディスプレイが搭載されている。

価格

¥40,300

画質

4K

フレームレート

30fps

バッテリー様式

内蔵式

防水性能

防滴

防水ケース使用時水深60メートル

手ぶれ補正

光学式

SONY HDR-AS30V

先ほど紹介したSONY FDRX3000の下位モデルになります。しかし、下位モデルとはいえフルHDでの録画可能で値段の割にアクションカメラとしてかなり頑張っていると思います。

Wi-Fi内蔵なのでスマホに直接動画などを送ることが可能なので映像の転送が楽になります。

ポイント

価格に対してWi-Fi機能などコスパが良い。

価格

¥22,600

画質

フルHD

フレームレート

60fps

30fps

バッテリー様式

内蔵式

防水性能

防水ケース使用で防水性のあり

手ぶれ補正

電子補正

DJI OSMO POCKET

このカメラは、ジンバルというカメラを並行に保ってくれる機能がついています。そのため、不安定な場面での撮影も間にになり、カメラを持っているだけで綺麗に撮影してくれるので滑らかな映像を撮影することが可能です。

レンズに関しては。広角レンズを別途購入する必要性があるので気をつけましょう。

ポイント

ジンバル機能がついている。

広角レンズが別途必要。

価格

¥34,900

画質

4K

フルHD

フレームレート

60fps

50fps

48fps

30fps

25fps

24fps

バッテリー様式

内蔵式

防水性能

ほとんどなし

手ぶれ補正

ジンバル

DJI OSMO Action

性能がほぼゴープロと同じながら、値段が抑えられているコスパの高い高性能なカメラになります。DJIOSMOシリーズはアクションカメラの業界では大手で有名なメーカーなので機能などに関しては、非常に技術が高いです。

また、前面にディスプレイが搭載されているので自撮りなどでどんな風に撮れているのか確認しながら撮影できるのが非常に便利です。

ポイント

性能がゴープロに近い。

前面にディスプレイ搭載で自撮りなどもしやすい。

価格

¥34,800

画質

4K

2.7K

2K

フルHD

フレームレート

60fps

50fps

48fps

30fps

25fps

24fps

バッテリー様式

取り外し可能

防水性能

11メートル

手ぶれ補正

電子式

GoPro HERO7

有名なゴープロシリーズになります。現在では、HERO8が出ていますが、型落ちモデルになってしまった事により値段が安くなっています。また、ゴープロにはブラック、シルバー、ホワイトがあります。ホワイトのモデルになると半額の値段になります。ホワイトになると4Kが使えないという小さな変更点などがあるで注意しましょう。

そのため、手が出しやすい金額になるのでお勧めです。

ポイント

型落ちモデルを狙う事で安く買える。特にホワイトモデルは半額になります。

価格

¥21,886

画質

フルHD

フレームレート

60fps

30fps

24fps

バッテリー様式

取り外し式

防水性能

10メートル

手ぶれ補正

電子式

※価格はAmazonでの価格になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アクションカメラは、防水性能などがついていたり手ぶれ補正を搭載しながらも軽量コンパクトでタフに作られているので効果のものが多く、あまりに安価なものを購入すると画質が悪すぎて使い物にならないなんてこともあります。

以上を踏まえて慎重に選びアクションカメラを楽しく利用しましょう。

 

おすすめの記事