【初心者でも手作りできる!】ハンドメイド子供服のおすすめ本15選

何気に毎日着ている子供服、手作り出来るのはご存知でしょうか。

しかし、「服を手作りする」となると「難しそう。自分には絶対できない」と思う方が多いと思います。でも実は子供服を作るのは難しくありません

私自身、洋裁は小学生〜中学生レベルでしたが、ハンドメイドの本を購入し、子供服を作ってみたところ、意外と簡単にできることに驚きました。

ここでは、子供服を作ってみたい方へ、初めて子供服を作るときのおすすめの本をご紹介します。

 

子供服を手作りするおすすめな理由

子供服を手作りするメリットはたくさんあります。まずは子供服を手作りするおすすめな理由をお伝えします。

子供が喜んでくれる

なんといっても子供が喜んでくれることです。年齢にもよりますが、特に小さい子ですと「ママが洋服を作れるなんてすごい!」と喜んでくれて、ヘビロテして着てくれます。

これはモチベーションにもつながりますので「慣れない手作りだったけど、また作りたい!」と思うでしょう。

また、小学生の高学年くらいになると、お子さんから「やってみたい」と言う場合もあります。一緒に作ると、親子でハンドメイドが楽しめますし、子供の「手先を使う練習」にもなるのでおすすめです。

完成した時に感動する

一枚のまっさらで平らな生地から、だんだん立体的になって、いつも見ている洋服になっている様は、完成した時にすごく感動します。

慣れていないと作業がちょっと難しい部分もあったりますが、それを経ての洋服の完成…感無量!「ハンドメイドは楽しい!」と思うはずです。

洋裁の知識がつく

私自身、小学校〜中学生レベルの知識でしたが、ハンドメイドを通して洋裁の知識が増えました。専門用語も出てきますが、ネットで調べたらすぐに出てきますし、洋裁知識が増え覚えるごとに、自分のレベルアップが感じられるので、とても楽しいです。

無心になれる

私の経験ですが、カタカタとミシンをかけているときの時間が、忙しい毎日から少し離れて無心になれる時間でした。この「無心でミシンをかけている時間」が、ストレス発散になっていましたので、ちょっと疲れると「ミシンしたい!」と思っていました。

体を動かす以外のストレス発散方法の1つにもおすすめです。

 

初心者が子供服ハンドメイドの本を選ぶポイント

ハンドメイドの本はたくさんの種類があります。初めてハンドメイドに挑戦する人は、どのような本を選べば良いかまとめました。

写真やわかりやすいイラストで説明している

初めての洋服作り、専門用語もある中で、文字だけの説明ではほぼ挫折するでしょう。

選ぶポイントの1つが、作る工程を写真やイラストで説明していることです。このような本を選ぶことによって、理解がさら深まり、挫折することがなくなります。

洋裁の基礎が学べる

初心者向けの本の中には、縫い方や道具の使い方などをわかりやすく説明しているものもあります。

作りながら洋裁の知識が学べますので、初心者向けの本は特におすすめです。

「いきなり洋服が載った本を購入するのは不安」と言う方は、洋裁の基礎知識を学べる本を購入することもおすすめです。

イチバン親切なソーイングの教科書 

(出典:amazon.co.jp)

この本は、ボビンや糸の種類など洋裁の基本的な知識、縫い方などがギュッと詰まった本になり、とても分かりやすく説明してくれています。初めて洋服作りをする方にもおすすめの本です。

パターン(型紙)の数が多い

型紙のことを、洋裁用語では「パターン」と言います。ネットには様々なパターンが販売されていますが、中には本1冊くらいのお値段で1つのデザインしか作れないパターンもあります。

洋裁の本では様々なデザインが載っており、子供服の場合、性別関係なしに作れるデザインもありますので、とてもお得です。

 

子供服ハンドメイドの本を選ぶ時の注意点

子供服のハンドメイドの本は数多くありますが、気をつけて選ばないといけない部分もあります。どのようなことに気をつけたら良いかまとめました。

サイズに注意

子供服の本で注意しなければならないことの1つは「サイズ」です。

「子供服」といっても赤ちゃんからキッズまで、サイズの幅が広いです。そのため、0歳〜150サイズが全て載っている本は、私が知る限りない印象です。

本を選ぶときは、今お子さんが着られるサイズのパターンがあるか、またこれから成長しても使えるかをしっかり見て選びましょう。

性別に注意

子供服のハンドメイド本を見ていると「女の子の〜」と女の子限定の本もたくさんあります。女の子だけのご家庭はいいですが、男の子がいるご家庭は注意しましょう。

「男の子だしハンドメイド服はいいかな」と思うかもしれませんが、意外に男の子の方が喜んでくれる場合もありますし、男の子のパンツはとても簡単なので、作ってみる価値はあります。

男女両方のデザインが載っている本がありますので、そちらを選ぶことをおすすめします。

 

初心者に優しい子供服が手作りできるおすすめの本15選

お次は、初めて子供服のハンドメイドにチャレンジするときのおすすめの本をご紹介します。初心者向けにわかりやすい本をまとめました。

赤ちゃんから使えるおすすめ本5選

赤ちゃんのハンドメイド服は、生地も少量で済みますし、縫う線も短いので、初心者におすすめです。

ハンドメイドの服を着せた我が子はさらに可愛くなります。是非チャレンジしてみてください。

 

いちばんよくわかる 赤ちゃんと小さな子の服

(出典:amazon.co.jp)

対象年齢サイズ:0歳〜3歳。

赤ちゃんから使えるハンドメイドの本です。分かりやすい説明なので、初心者にはおすすめの一冊です。モンキーパンツやTシャツ、帽子など性別関係なく作れるのも赤ちゃん服のポイントです。

 

かんたんに手作りできる 赤ちゃん小物と服

(出典:amazon.co.jp)

対象年齢サイズ:70サイズ〜100サイズくらい。

ベビー服だけでなく、ベビー時期によく使うスタイやおむつポーチなど実用性高い小物が多くおすすめです。「ほとんどのアイテムが、2枚生地を合わせてひっくり返して完成する」という作りにしているので、初心者でも作りやすい一冊です。

 

手作りしたい ベビー服&こもの

(出典:amazon.co.jp)

対象年齢サイズ:新生児〜90サイズ。

手縫いで作れる作品が多いので、ミシンが苦手な方でも作れるハンドメイド本です。

肌着から小物のスタイ、おもちゃのガラガラまで作れる一冊です。

 

手ぬいで作るベビー服とこもの

(出典:amazon.co.jp)

対象年齢サイズ:新生児〜2歳。

赤ちゃんが生まれた時から100日のお祝いドレスまで、これ1冊で全て揃います。手縫いなので、ミシンがなくても安心です。

手作り品で赤ちゃんをお迎えできるなんて、どれだけ高いブランド品のドレスよりも贅沢ですよね。洋裁の基礎も学べるのでおすすめの一冊です。

 

ハンドメイドベビー服enannaの80~90センチサイズのかわいいお洋服

(出典:amazon.co.jp)

対象年齢サイズ:80サイズ~90サイズ。

性別関係なく作れるデザインが多いです。対象の年齢幅は狭いですが、小さい子がさらに可愛くなるデザインが多く、洋裁のポイントも載っているので、初心者におすすめの一冊です。

男の子・女の子にも使えるおすすめ本5選

ちょっと大きくなってくると、男の子、女の子とデザインがはっきりしてきます。ここでは、両性別に使えるおすすめの本をご紹介します。

 

パターンレーベルの子供服ソーイング LESSON BOOK

(出典:amazon.co.jp)

対象年齢サイズ:100サイズ~130サイズ。

ソーイングのパターンで有名なパターンレーベル(略してパタレ)さんの一冊です。男の子、女の子の幅広いデザインが載っており、シンプルで飽きのこないデザインです。

写真付きでわかりやすい解説もおすすめのポイントです。

 

今さら聞けない 手芸の基礎がよくわかる! はじめての子ども服

(出典:amazon.co.jp)

対象年齢サイズ:90サイズ~130サイズ。

説明が分かりやすく、かわいい服がたくさん!との評価が高い一冊です。この一冊で基礎が学べるので、次の本を購入するときには洋裁知識の成長を感じられるはずです。

半袖から長袖まで、1年中使えるデザインが載っているのもポイントです。

 

 

男の子にも女の子にも、作ってあげたい服

(出典:amazon.co.jp)

対象年齢サイズ:100サイズ~150サイズ。80サイズ〜も6点掲載。

子供服のハンドメイドの本は、だいたい130サイズくらいまでが多い印象ですが、こちらは150サイズまで載っています。100サイズからなので、年齢幅がある兄弟でもお揃いの1着を作れるのでおすすめです。

 

クライ・ムキの子供服―Simple+one

(出典:amazon.co.jp)

対象年齢サイズ:90サイズ~130サイズ。

バッグやフォーマルのハンドメイドで有名なクライ・ムキシリーズの「子供服」です。デザインもシンプルで飽きがこなく、説明が分かりやすいので「不器用で初心者なのにアレンジしてしまった」との声も。

クライ・ムキシリーズはデザインが豊富なのでおすすめの一冊です。

 

パターンレーベルの子供服ソーイングStyle Book

(出典:amazon.co.jp)

対象年齢サイズ:100サイズ~150サイズ。

おなじみパタレさんのハンドメイド本です。100サイズから150サイズまであるので、長く使えます。ボタンホールや裏地、ファスナーのちょっと難易度が高い?と思われるデザインもありますが、分かりやすく説明されているのでチャレンジしてみてください。完成度の高い一着が作れます。

子供服だけじゃない!リカちゃん服が作れるおすすめ本5選

リカちゃんの洋服はたくさん販売されていますが、購入すると高く、なかなか揃えてあげられないですよね。そんなリカちゃん人形などのドール服も手作りできます。

お気に入りの生地で作れてリーズナブルなのでとてもおすすめです。お子さんと一緒に選んで作ってみても楽しいですね。

 

リカちゃん着せかえソーイングBOOK

(出典:amazon.co.jp)

基本タイプの洋服からアレンジできるものまで、幅広く載っています。サイズも、リカちゃん専用サイズとなっているので、完成のシルエットがきれいです。

初めてドール服をハンドメイドする方にもおすすめの一冊です。

 

ハンカチでつくる! リカちゃんお洋服BOOK あこがれのドレスコレクション 

(出典:amazon.co.jp)

ハンカチで作れるのでコスパの良いリカちゃんの洋服が作れます。ハローウィンや魔法使いなどのコスプレデザインもあり、飽きることなく使える一冊です。

説明も分かりやすいので、お子さんの洋裁の練習にもなるのでおすすめです。

 

ミニチュアサイズのワンピースとこもの

(出典:amazon.co.jp)

リカちゃんの洋服だけでなく、ハンガーやバッグなどの小物まで作れる一冊です。作りやすいシンプルタイプが多いので、アレンジしやすいデザインです。

洋服は生地によって見た目がガラっと変わるので、いろいろな生地で作るのも楽しみの1つです。

 

かんたん&わかりやすい フェルトでつくるリカちゃん手縫い服 オールシーズン

(出典:amazon.co.jp)

手に入りやすいフェルトで作るリカちゃん人形のハンドメイド服の一冊です。フェルトなので、端処理がなく、簡単な作品が多いのもポイントです。

パターンは、100%、200%の拡大コピーが必要なので、コピー機がない方は注意が必要です。

 

季節の人形服と小物づくりDOLL'S CLOSET~SEASONS~ 

(出典:amazon.co.jp)

季節ごとのデザインが載っており、ガーリー、カジュアル、レトロ、マニッシュ、と幅広いテイストが載っているのも嬉しいですね。作った作品のアレンジ方法も載っているので、長く使えて楽しめる一冊です。

 

まとめ

初めてハンドメイドで子供服を作るおすすめな本をご紹介しました。市販の服にはあるようでないデザインが多く、丁寧で分かりやすい本が多いので、どれをとってもハンドメイドが楽しめる一冊です。

そして、実際洋服を作ってみると、意外と難しくないことが分かると思います。

身頃と袖の生地の色を変えたり、レースを付けてみたりと少しのアレンジで見栄えがかなり変わるので、是非お気に入りの生地でたくさん作ってみてくださいね。

おすすめの記事