以前よりも、一般家庭に普及している空気清浄機。「プラズマクラスター」でおなじみのシャープや「ナノイー」でおなじみのパナソニック、ダイキン、ダイソンなど各メーカーが空気清浄機を販売しています。加湿機能付きのものから、アロマ機能、PM2.5や花粉などの有害物質など多機能に渡ります。

自分に合った空気清浄機がどれかわからないとお思いの方のために、空気清浄機の種類や選び方、おすすめの製品をご紹介します。ぜひご参考にしてみてくださいね。

空気清浄機の種類

空気清浄機の種類としては、主に以下の種類があります。

  • 一般的な空気清浄機
  • 加湿式空気清浄機
  • イオン発生器

あなたの部屋にあった空気清浄機はどれか確認しましょう。

 

一般的な空気清浄機

「空気清浄機 画像」の画像検索結果

加湿や除湿機能がつかないシンプルなタイプの空気清浄機で、防塵フィルターを通して空気を排出することで部屋の空気をきれいにします。

加湿・除湿機能がつく空気清浄機と比べて小さいモデルや低価格なモデルが多いことが特徴です。部屋でスペースがかさばることを避けたい方や、低価格製品を希望する方にお勧めです。

加湿空気清浄機

「パワフル加湿」のイメージ画像です。加湿フィルターが表示されています。

加湿空気清浄機は、空気清浄に加えて加湿もできるのが特徴です。加湿によって乾燥を防ぐことが可能になるため、冬でも風邪をひきにくくなると同時に、肌トラブル予防の効果が見込めます。

サイズが一般的な空気清浄機に比べて大きくなるため、お部屋のスペースを気にする方は、サイズも確認するようにしましょう。

イオン発生機

「ファン方式 site:https://www.kurashi.tepco.co.jp」の画像検索結果

https://www.kurashi.tepco.co.jp

空気清浄機は汚れをフィルターで濾す一方、イオンは空気中の汚れの働きを無力化する作用を持っています。シャープの「プラズマクラスター」やパナソニックの「ナノイー」などの技術もイオンになります。

イオン発生器は空気清浄機に搭載されていることが多く、特別な理由がなければ通常の空気清浄機を選ぶのがよいでしょう。

 

空気清浄機の選び方

適用床面積で選ぶ

「空気清浄機 部屋全体 site:https://www.amazon.co.jp」の画像検索結果

空気清浄機には、どのメーカーの製品であっても「適用床面積」が明記されています。この適用床面積は日本電機工業会規格(JEM1467)が定められた基準であり、「30分できれいにできる部屋の広さ」を目安で表しています。

そのため、最低限、部屋のサイズと同じか、それより大きい適用床面積の空気清浄機を選ぶようにしましょう。

また、素早く部屋の空気を清浄する必要がある場合には、部屋のサイズより大きいものを選ぶことを推奨しています。

最大風量で選ぶ

「空気清浄機 強風 site:https://www.amazon.co.jp」の画像検索結果

空気清浄機には、扇風機やエアコンのように風量設定が可能なものがあります。風量が強い製品ほど、部屋の空気の清浄が早くなります。煙草を吸った後や、焼肉の煙で充満した後すぐに部屋の空気を綺麗にしたい際に役に立ちます。

また、空気出口の場所によっては扇風機のように使用することも可能なので、筆者の場合は扇風機の代わりとしても空気清浄機を利用しています。

消臭&脱臭機能がある空気清浄機を選ぶ

「空気清浄機 脱臭 site:https://www.amazon.co.jp」の画像検索結果

空気清浄機を選ぶ際には動物や煙草、汗の匂いなどの消臭・脱臭機能があるかも要チェックです。フィルターが複数層に分かれていて、フィルターごとに特定の匂いを通さないような機能のものもあります。

また室内干しの生乾きの嫌な臭いを避けたいという方には、除湿機能がある空気清浄機ですぐに乾かすことがで臭い菌の繁殖を防ぐことも可能です。

ダスト機能があればハウスダストや花粉の軽減も可能!

ダスト機能があればハウスダストや花粉の軽減も可能!

ホコリのみならず、花粉やPM2.5などの空気中の汚れをフィルターすることが可能です。シャープのプラズマクラスターであれば、除電効果により静電気で壁にまで付着した汚れを落とすことも可能です。

タイマー機能が搭載されているか

タイマー機能が搭載されているか

タイマー機能が付いた空気清浄機であれば、長時間外出する際や、就寝中に一定時間で停止し節電のためにも繋がります。つい電源をつけたままにしがちな空気清浄機ですが、付けっぱなしにすることも回避することが可能です。

加湿機能が搭載されているか

冬場の乾燥シーズンに加湿機能が搭載された空気清浄機を使用すれば、風邪や花粉予防をすることも可能です。

 

製品によっては、給水の忘れを防ぐ通知機能があるものもあります。またカビを避けるための設計として、水中の菌を抑制し、フィルターのカビが生えないようにする機能があるかもチェックポイントです。

動作音が静かか

静音

就寝中の使用頻度が高い空気清浄機ですが、音が静かかもチェックポイントです。小さな音で眠れなくなる方は、音が大きくないかチェックするようにしましょう。なお、静音モードにより、ほぼ無音になる空気清浄機もあります。

 

空気清浄機おすすめ10選

ダイキン 加湿空気清浄機 MCK55U-W

タイプ 加湿
適用床面積 25畳 消臭・脱臭機能
タイマー機能

 

(小)空調機メーカーの強みを生かした、高い集塵能力が特徴

 

空調機で有名なダイキンの製品であることもあり、集塵能力が非常に高い製品となっています。フィルターが2枚重ねの構造になっており、0.3µmの微小な粒子を99.97%除去することが可能となっています。

 

また、ダイキン製品の特長である、匂いを分解しフィルターを再生する機能により、脱臭能力を長期間維持することも可能です。

フィルター再生機能もあり、1日の使用時間が8時間前提でも、加湿フィルターは10シーズンと長期間継続利用することが可能となっています。

 

(小)コンパクトで、スタイリッシュなデザイン

 

定番のホワイトのみならず、グリーン・ブラウンのデザインもあり、おしゃれな空気清浄機となっています。

旧モデルの「MCK55R」と比較し、30%も設置面積が小さくなっていることから、置く場所にもこまりません。

日々の手入れもフィルターに掃除機を当てるだけで手間がかかりません。

 

空調機での技術を生かした高性能フィルターが特徴の製品です!

 

(中)パナソニック F-PXR55-W

 

タイプ 加湿
適用床面積 25畳 消臭・脱臭機能
タイマー機能

 

(小)「ナノイー」イオンで花粉を抑制

 

窓越しに入り込む花粉のみならず、衣類や髪に付着したスギやヒノキ等の花粉を、パナソニック独自のイオンである「ナノイー」で抑制します。

 

(小)花粉のみならず、PM2.5や空気中の汚れまで抑制

 

花粉に加えて、PM2.5やアレルギーの原因となるダニやカビ菌の抑制効果もあります。もちろん他の空気清浄機にも含まれるタバコや汗、ペットの匂い除去効果も含まれています。

 

床に溜まりやすい花粉も本体下部の吸気口から吸引します。

 

ナノイー技術により、花粉抑制機能に強みをもった空気清浄機です!

 

(中)アイリスオーヤマ DCE-120

 

(小)空気汚れモニターランプで部屋の空気がすぐわかる!

家具全般から家電まで扱う日用品メーカーアイリスオーヤマの空気清浄機です。空気汚れモニターランプの色で部屋の汚れ状況がすぐにわかります。また、部屋の汚れに合わせて、吸引や風力を自動調整します。

 

(小)除湿機能もついており、部屋干しの洗濯物もカラッと乾きます!

 

除湿機能がついており、部屋干しの洗濯物をすぐに乾かすことが可能です。短時間で乾かすことができるので、部屋干し時に気になる匂い対策にもなります。

 

乾燥機能を使用すると、部屋が乾きすぎてしまうことが気になりますが、自分で湿度を設定可能なことから部屋が乾燥しすぎることもありません。

 

水回りの洗面所、クローゼットの近くでカビ対策や、窓・壁の結露対策にも使うことができます。

 

除湿機能が特徴の空気清浄機!

 

(中)ダイソン HP03IB

 

(小)涼風に加えた、温風機能も搭載

 

掃除機でお馴染Dysonの空気清浄機です。特徴的であるのが、涼風に加えて温風を出しながら空気清浄可能な点です。冬になると、空気清浄機で部屋が寒くなってしまうことがネックの方が多いですが、温風機能があれば部屋が寒くなることもありません。

ストーブの機能の代わりになり、部屋のスペースをとりすぎないことも魅力な点の一つです。

 

(小)スマートフォン連携が可能で、空気の状態をモニタリング可能

スマートフォンと連携すれば、室内環境を一目で確認することが可能です。

 

リモコンとして扱うこともでき、空気清浄機を別途やソファーに寝そべったまま操作することができます。

また、大変便利な機能が屋外からのスケジュール設定機能で、部屋を暖かくした状態で帰ることが可能となっています。

 

また、フィルターの交換時期をスマートフォン上で見ることができ、清浄力が弱くなってもすぐに交換することが可能です。

 

スマートフォン連携、温風機能も備えたハイスペック空気清浄機

 

(中)シャープ KC-H50-W

 

(小)世界で最も売れたプラズマクラスターでおなじみのシャープ社製品

https://corporate.jp.sharp

 

独自の空気浄化技術「プラズマクラスター」を搭載した空気清浄機を展開するシャープ製品です。2015年には世界で最も売れた空気清浄機として、ギネス記録も樹立しました。

 

画像の左のようにプラズマクラスターイオンがない場合、静電気で壁に花粉などが付着しやすくなりますが、プラズマクラスターイオンの除電効果で壁の汚れもきれいに落とします。

 

(小)コアンダ効果で部屋全体を洗浄

https://cgi.jp.sharp/kuusei/feature/kch50/air/

 

噴流の出口や下流の面が曲面であっても面噴流が広範囲にわたって流れるコアンダ効果を利用し、部屋全体を素早く綺麗にできるような製品設計となっています。

 

(小)10年間交換不要の3重フィルター

 

3重のフィルターとなっており、ホコリ、臭い、花粉などの微小な粒子をそれぞれのフィルターがブロックします。何といってもうれしいのが、10年交換不要のため維持費がかかりません。著者の私も愛用している製品ですが、食べ物の匂いや動物の臭いがなくなることを肌で実感できる非常にすぐれた製品です!

 

(小)フィルター粒度も大幅にバージョンアップ

前FU-G30モデルと比較し1/5の細かさとなっているため、内部に侵入するホコリを大幅に削減し、空気清浄機で起こりがちな集じん性能の低下を抑止できるようになりました。

細かいからと言って、空気の吸引面積が減っていない点は嬉しいポイントです

 

プラズマクラスター技術による高い空気洗浄力が魅力の製品です!

 

(中)まとめ

おすすめの空気清浄機をこれまでご紹介してきましたが、空気清浄機の様々な機能や、機種を発見できたのではないでしょうか?

 

空気清浄機を購入し、快適な生活をお過ごしください!

おすすめの記事