人気記事
一人暮らしに必須の電気ケトルおすすめ9選!持ってるといいことだらけ!

一人暮らしをしている皆さん、または一人暮らしを計画している方、電気ケトルは購入しましたか?電気ケトルはポット型の湯沸かし器で、コンセントにつないでスイッチを入れるとほんの数分でお湯を沸かすことのできる優れものです。この電気ケトル、実は様々な点において一人暮らしで大活躍します。

しかし電気ケトルには様々なタイプ・サイズ・デザインがあり、それぞれにメリット・デメリットがあるため選ぶに少しコツがいります。そこで今回は、現在一人暮らしをしている筆者が、一人暮らしにおすすめの電気ケトルを厳選し、紹介します。そのまえに電気ケトルが一人暮らしにマストである理由や、選ぶ際に注目するべきポイントもご説明するので参考にしてみてくださいね。

 

一人暮らしに電気ケトルがおすすめな理由

はじめに、なぜ一人暮らしに電気ケトルが必要なのか2つの観点から説明します。ただでさえ部屋やキッチンが狭く、電気ケトルなんて置けないし買えないよ…そうお考えの方もいらっしゃるかもしれません。それでも電気ケトルを持っているといいことだらけな理由を、以下でご説明します。

 

時短!

まず、電気ケトルがあると時短になります。

一人暮らし用の狭いお部屋ですと、コンロが1口しかないこともしばしば。その場合、やかんでお湯を沸かすとすると手間がかかりますよね。しかし電気ケトルなら、水を入れてスイッチをオンするだけで簡単にお湯を沸かすことができ、料理がスムーズになります。

筆者
材料をゆでる際、鍋に水を張って沸かす時間がもったいないから、予め電気ケトルで熱湯を作っておいて鍋に入れる、というワザもかなりおすすめ!筆者も毎日実践しており、とっても時短になります。

 

またあまり料理をしない方は、カップラーメンなどのインスタント食品を食べる機会も多いと思います。このときワンスイッチでお湯を沸かしてそのまま注ぐことができるので、とっても簡単に時短をすることができますよ!

 

省スペース!

次に、電気ケトルは省スペースにもなります。

代表的な湯沸かし器として魔法瓶などもありますが、魔法瓶は一人暮らしのお部屋では大きくてかさばってしまいますよね。一方電気ケトルは少し大きいポットくらいのサイズ感で、かさばりません。炊飯器や電子レンジなどのほかの調理家電と一緒に置いておくことが可能です。

 

電気ケトルの選び方

続いて、電気ケトルを選ぶ際に大切なポイント4つご紹介します。商品ごとの特徴が大きく表れるのが以下の4ポイントなので、これらに注目しながら商品を比較し、自分に合ったものを探してみてくださいね。

 

容量

まず容量です。電気ケトルの容量には0.6L0.8L1.0L1.2Lなどの様々な種類があります。一人暮らしの方には、0.8L程度の商品をおすすめします。目安として、カップラーメンを作るのに必要な湯量が約300mL、カップ焼きそばは約500mLです。容量が大きすぎるとかさばりますし、そこまで多くの量のお湯を沸かすこともないため、小さ目サイズの0.8L程度がおすすめです。

もちろん毎回指定の容量の水を沸かさなければならないわけではなく、コップ一杯程度の容量の水でも使用可能です。

 

保温機能

次に保温機能です。電気ケトルの中にはお湯が沸騰したのち数十分から数時間、保温してくれる機能のついた商品があります。この機能があると、二回目にお湯を使いたい時に再沸騰させる必要がないので、電気代の節約になります。二杯目のコーヒーや紅茶、カップスープも冷めずに楽しめるので、おすすめの機能です。

 

 

温度調節機能

続いて温度調節機能です。お湯を沸かす前にお湯の温度を指定することができます。これはコーヒーやお茶がお好きな方など、お湯の温度にこだわりたい方におすすめです。コーヒーやお茶を淹れる際には、種類によって温度を使い分けるとよりおいしく作ることができます。

この機能がついている商品は値段が少々高い傾向にありますが、温度を1度単位で指定できるものもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

 

デザイン

出典:Amazon.co.jp

最後にデザインです。電気ケトルは凝ったデザインでとてもおしゃれなものや、同じ商品でもカラーバリエーションが多く展開されているものがあります。自分の好みや、お部屋の雰囲気に合ったデザインのものを選ぶことができます。

また注ぎ口の形や、持ち手のデザインは使用感にもつながります。たとえばドリップコーヒーを淹れるのがお好きな方でしたら、ドリッパーに注ぎやすい注ぎ口の細いものを選択するといいですよ。

 

 

一人暮らしにマスト!おすすめ電気ケトル 9選

それでは早速、筆者がおすすめの一人暮らし用電気ケトル9つ紹介します。上で紹介したポイントに気をつけながら、良い商品を見つけてみてくださいね。

 

ティファール 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル0.8L

出典:Amazon.co.jp

【参考価格】4256

こちらはティファールのコンパクト電気ケトルです。こちらの商品の特長は、驚きの軽さです。本体の重さは535gと、500mLペットボトルとほぼ同じ重さなので片手で簡単に扱うことができます。水が入った状態でも持ったり注いだりするのがとっても楽ちん!

またお湯が沸くスピードも速く、コップ一杯程度のお湯ならなんと1分足らずで沸かすことができます。

私もこの商品を愛用しています!とっても軽くて扱いやすい点と、丸みを帯びた可愛いデザインがお気に入りです。

 

カラーバリエーションも豊富で、ピンク・ブルー・メタリックなどから選ぶことができます。

 

 

タイガー 電気ケトル わく子 600ml

出典:Amazon.co.jp

【参考価格】3514

こちらはより小さいサイズの0.6Lの電気ケトルです。カップラーメンを作るのに必要な湯量が約300mL、カップ焼きそばは約500mLなので、コンパクトながら普段の一人分の使用には全く問題ありません。しかし料理用に多めのお湯を沸かしたい場合などには物足りなさを感じるかしれません。

サイズは15cm×20cm×20cm程度と、小さいサイズなのでキッチンが狭い方や電気ケトルを置く場所があまりない方にもおすすめです。

カラーはピンクのほかホワイト・コーラルオレンジが展開されているため、男女問わずどなたでも使うことができます。

 

ティファール 電気ケトル 0.8L アプレシア エージー・プラス

出典:Amazon.co.jp

【参考価格】11500

こちらは一つ目の商品と同じくティファールの電気ケトルで、温度調節が可能です。

60度から100度までの7段階から温度を選択することができ、指定した温度のお湯を沸かしてくれます。

例えばコーヒーは、85度から90度くらいのお湯で淹れると美味しくできるそうです。温度調節機能がないと、100度で沸かしてから冷まさなければなりませんが、こちらならその必要がありません。コーヒーやお茶を飲むのにお湯の温度にこだわりたい方に特におすすめです。

またボタンを押して、60分保温をすることもできます。大きな液晶画面も見やすくて良いですね。

 

 

象印 電気ケトル 0.8L

出典:Amazon.co.jp

【参考価格】7980

こちらは沸騰後一時間保温機能の付いた電気ケトルです。ポット内部は魔法瓶のようなステンレス製になっており、お湯が沸いてから1時間90度を保って保温されるので、再沸騰することなく2杯目のコーヒーやスープをあつあつのまま飲むことができる優れものです。

また、蓋が完全に外せるところもポイント。シンクが狭くても給水をするときに手間取りません。

ここがポイント!
    1. 一時間保温機能
    1. 給水がしやすい取り外し可能蓋
    1. 内釜はフッ素加工で常に清潔

 

HAGOOGI 電気ケトル ガラス ケトル 1.0L

出典:Amazon.co.jp

【参考価格】5980

こちらは透明なデザインがおしゃれな電気ケトルです。外側はプラスチック製、内側は高ホウケイ酸ガラス製で、丈夫で破損する心配もありません。沸騰中でも外側の温度は約45℃なので火傷の心配もありませんよ!

また、保温機能と温度調節機能も付属しています。保温は電源が入っていれが24時間、温度調節は7段階可能です。このような様々な機能がついてこのお値段はかなり嬉しいですね!

ここがポイント!
    1. おしゃれな透明デザイン
    1. 保温機能付きで再沸騰の必要なし
    1. 温度調節機能

 

 

[山善] 電気ケトル 電気ポット 0.8L

出典:Amazon.co.jp

【参考価格】6926

こちらはスタイリッシュなデザインが特徴の電気ケトルです。細い注ぎ口に独特の形の取っ手、統一された色がとってもおしゃれですよね。

さらにもう一つの大きな特徴が、一度ごとに指定可能な温度調節機能です。タッチパネル式で「+」「―」を押してお湯の温度を指定することができます。

細い注ぎ口はコーヒーをドリップする際に、狙ったところに適切な流速で注ぐことができ便利です。ドリップコーヒーを淹れる際、お湯を一気に入れてしまうとコーヒーの油分がお湯にはじかれてしまい美味しく作ることができません。しかしこちらの商品ならその心配がないので、コーヒーを淹れるのがお好きな方には特におすすめです。

ここがポイント!
    1. おしゃれなデザイン、カラーは黒と白の二色が選べる
    1. 一度ごとの温度調節機能
    1. ドリップコーヒーを淹れる方に特におすすめ

 

 

アイリスオーヤマ 電気ケトル ricopa

出典:Amazon.co.jp

【参考価格】3280

こちらはかわいらしいレトロなデザインが特徴の電気ケトルです。細長い形はまるでおとぎ話に出て来るポットのようで、乙女心をくすぐられます。カラーはアイボリーのほかにアッシュブルー、アッシュピンクもあり、どの色もとてもかわいらしいのでおすすめですよ。

また、収納時にコードが外から見えないよう底面に収納できるなど、細かな気遣いも魅力的です。

こちらの商品は、アイリスオーヤマの「ricopa」というシリーズの商品で同じデザインのホットプレートや電気鍋、トースターも販売されています。それらと合わせて購入し料理家電を統一するのもおすすめです!

 

 

dretec(ドリテック) 電気ケトル ステンレス

出典:Amazon.co.jp

【参考価格】2505

こちらは金属製の本体が特徴の商品です。今まで紹介していたものはすべて外側がプラスチック製でしたが、こちらは光沢の美しいステンレス製です。曲線の多い洗練された形状もおしゃれですね。このデザインはどんな雰囲気のお部屋にもなじむこと間違いなしです!

また、リーズナブルな価格も特長です。まずは手軽な商品が欲しい方におすすめです。

ここがポイント!
    1. お求めやすいお値段
    1. 美しいステンレス製
    1. 注ぎやすいこだわりの形状の注ぎ口

 

 

ビアレグレ (ViAlegre) 電気ケトル 0.8L

出典:Amazon.co.jp

【参考価格】2218

こちらもリーズナブルな価格が特徴の電気ケトルです。スイッチのオンオフしかボタンがないので、非常にシンプルな商品だといえます。

また形状も、丸い本体に細い注ぎ口のデザインが非常におしゃれですよね。シンプルなデザインにシンプルな設計なので、どなたにもおすすめできる商品です!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は一人暮らしにおすすめの電気ケトルをご紹介しました。電気ケトルは、料理をする際やインスタント食品を作る際、コーヒーやお茶を入れる際など、幅広く活躍しますし、時短・省スペースにもなるので一人暮らしでは必須の調理家電といえます。

ぜひ、今電気ケトルをお持ちでない方や新調したいと考えている方はこの記事を参考に自分に合った商品を探してみてください。ぜひ、電気ケトルをはじめとした「お役立ち家電」を手に入れ、一人暮らしの生活を便利に楽しみましょう!

 

おすすめの記事