人気記事
【保育士ママが推薦】成長別!足に良いキッズスニーカーおすすめ7選

子どもの靴って、すぐに履けなくなってしまいませんか?「この間新しい靴を買ったばかりなのに…!」なんて事、良くありますよね。

乳幼児期の子どもの成長は物凄いスピードです。足に合った靴を履かないと、身体のあちこちに不調をきたしてしまうかもしれません。

頻繁に靴を買い換えるのはコスト面など大変な部分はありますが、子どもの健やかな成長のためにも足にフィットした靴を選んであげましょう。

乳児から幼児までのクラス担任を経験し、子どもの成長を間近で見てきた保育士ママが、おすすめのキッズスニーカーと選び方のポイントを紹介します!

 

子どもの足の成長

なぜ子どもの靴選びを慎重に行わなければならないのでしょうか。成長や足への影響などについて説明します。

 

足の基礎が作られる大切な時期

基本的には、6歳までに足の基礎の約8割が作られると言われています。この乳幼児期の子どもの足は骨がとても柔らかいので、サイズが小さい靴でも「きつい」という感覚をあまり感じずに履き続けてしまうのです。

 

乳児期では1年で約2㎝、幼児期では1年では約1㎝程度足のサイズが大きくなると言われています。このように子どもの足は著しい成長をしながら、足の土台を作っているのです。

 

合わない靴はトラブルの元に

子どもの足はすぐに成長するからと、少し大きめのサイズを購入している人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、大きめの靴を履くと足が靴の中であちこちに動いてしまうので、足指が変形したり足そのものの土台が崩れてしまうのです。この状態が続くと、身体のバランスが崩れたり歪みが生じます。また足指の感覚が鈍ってしまうので、運動神経や能力に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

 

選び方のポイントは?

では実際に子どもの靴を選ぶ際に、どのような点に気を付けた方が良いのでしょうか。抑えておくべきポイントを紹介します!

 

靴屋ではできるだけ計測を!

靴を買う前に、まずは子どもの足のサイズを知りましょう。シューズショップでは、足のサイズを細かく計測してくれます。セルフで計測できるサイズ表などを用意しているショップもありますね。

 

成長著しい時期なので、3ヶ月〜半年に1度、長くても1年に1度はショップで計測してもらうのが理想です。

 

必ず試し履きをして歩く!

シューズメーカーや靴の種類によって、同じサイズでも作りが異なります。そのため、自分の足のサイズでも合う合わないがあるのです。

 

このように同じサイズでも違いがあるので、必ず購入する前に1度試し履きをしましょう。そして実際にその靴を履いて歩いてみる事が大切です。

 

子どもはまだ靴の履き心地を上手く伝える事ができません。試し履きをしたら、保護者が必ず靴の上から足を触ってフィット感を確認してあげてくださいね!

 

 

つま先は1センチの余裕を!

大きすぎたり小さすぎたりする靴は足に悪影響を与えますが、だからといってピッタリ過ぎる靴も良くありません。靴を履いて歩くと、足は全体的に体重の重みで前に数ミリ倒れ込みます。そのため、靴のつま先部分は5㎜〜1㎝の余裕がベストな状態です。

 

靴を履いたらかかとを合わせ、つま先の余裕がどの程度あるのかを実際に触って確認しましょう!

 

 

足指の圧迫がないかチェック!

靴のサイズがピッタリすぎて余裕が全くなかったり足指が重なり合うような状態であると、身体や運動機能の成長に悪影響を及ぼしたり怪我の原因になります。

 

フィットし過ぎて余裕がない、大き過ぎていないかなどをよく確認する事が大切です。また日本人は甲高幅広の人が多いので、横幅や高さのフィット感もしっかりチェックしておきましょう。

 

靴を実際に履いて確認する方法もありますが、靴の中敷きを外して足に重ねてみる方法もおすすめです。

 

中敷きをかかとに合わせて重ねてみると、足指が窮屈になっていないか、足の幅が合っているのかを細かく確認できるのでおすすめです!

 

 

足に良いスニーカー

乳児から幼児まで成長別に、足に良いおすすめスニーカーをご紹介します!

 

イフミー

イフミー(IFME)は、子どもの足の健康をサポートするための靴を開発しているブランドです。またそれだけでなく、子どもが自分で着脱しやすくなっていたり、保護者が脱ぎ履きしやすくなっているなど工夫もされています。ベビーからキッズまで幅広い年齢で履けるスニーカーです。

イフミーベビー 2019年春夏

【参考価格】3.045円

amazon.co.jp

色の違うインソールで左右の間違いを防止!

 

1歳前の伝い歩きやヨチヨチ歩きの時から使えるスニーカーです。独自に設計されたインソールで、子どもの土踏まずの形成を促進します。また脱ぎ履きしやすいように、かかとの外側にストラップがついていて便利です。優しいパステルカラーが小さな赤ちゃんにピッタリで可愛いですね。

 

保育士ママの推薦ポイント!
・この時期から土踏まずの成長を促進する事で、扁平足を防止!

・色違いのインソールやマジックテープの留め具で、「自分でできた!」という喜びを!

 

ニューバランス

ニューバランスは、1906年にインソールの製造メーカーとして開業しました。現在はスポーツシューズメーカーとして、アメリカに本社を置いています。

近年はサッカーチームとのサプライヤー契約をするなど、事業の拡大を図っているそうです。

ニューバランス ベビーシューズ

【参考価格】4,280円

amazon.co.jp

ニューバランスの定番スニーカー!履き心地も抜群!

 

このスニーカーは足裏の接地面積が広く作られているので、安定性が保たれます。また留め具はマジックテープになっているので、小さな子どもでも着脱が簡単です。

 

このシリーズは大人用のスニーカーでも人気の定番商品ですね。親子でリンクコーデをする時にもピッタリのスニーカーです。

 

保育士ママの推薦ポイント!
・足裏の安定性が高いので、戸外遊びや運動にピッタリ!

・足に良いだけでなく、トレンドを取り入れたオシャレコーデが楽しめる!

 

アシックス

アシックスは兵庫県神戸市の本社を構え、スポーツ用品の総合メーカーとしては日本で大手のメーカーです。日本のスポーツメーカーとして、近年は海外でも売り上げも伸ばし高い知名度を獲得しています。

アシックス スクスク ベビーシューズ アイダホ

【参考価格】3,182円

amazon.co.jp

通気性の良いメッシュ素材と、吸汗・消臭効果の中敷きで衛生的!

 

つま先部分は扇形になっていて、子どもの足先の特徴に合わせています。そのため、足指が重なったり窮屈に感じる事はありません。

 

またかかと部分には樹脂製のヒールカウンター(かかと部分に挿入された芯)が使用されているので、足との一体感を高めてくれます。さらにかかとには反射材が付いているので、夜間の外出でも安心安全です。

 

保育士ママの推薦ポイント!
・つま先が広めなので、甲高幅広の足でも無理なく履ける!

・通気性が良いので、蒸れを気にせず思いっきり走り回れる!

 

アディダス

アディダスは、ドイツに本社を構えているスポーツ用品メーカーです。サッカー日本代表のユニフォームとして有名ですね。数多くのレーベルがあり、スポーツだけでなく普段着やオシャレ着としても人気があるブランドです。

アディダスファイト

【参考価格2,652円】

amazon.co.jp

日本の子どもの足に合わせたJAPAN MODEL!

 

「世界最速シューズ」を手掛けたシューズクリエイションアドバイザーの大森敏明氏が監修したスニーカーです。履いたら走りたくなるというコンセプトで、子どもの足や成長を考慮して作られたスポーツシューズとして人気があります。

 

保育士ママの推薦ポイント!
・つま先部分はゆとりが持てるように設計されているので、動きやすくて足に力を入れやすい!

・ホールド性の高いかかと部分で、着地の安定性が抜群に!

 

ナイキ

ナイキは、アメリカにある世界的に有名なスポーツ用品メーカーです。ナイキのロゴマーク「スウッシュ」はとても有名ですよね。

 

これは、ギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー」の肖像の翼をモチーフにしているそうです。またナイキの名称の由来も、社員が「ニーケー」を夢でみた事で付けられたと言われています。

ナイキ キッズ フューチャーフレックス

【参考価格】3,960円

amazon.co.jp

とにかく軽くて走りやすい!

 

軽くて柔らかいスニーカーなので、足のフィット感や履き心地の良さは抜群です。靴の両サイドにはレザーが使用されているので、靴の構造をサポートしながら足への安定感もアップさせてくれます。

 

保育士ママの推薦ポイント!
・通気性が良い素材を使用しているので、足の蒸れを感じにくく快適に履き続けられる!

・スリップインタイプで、さらにかかとと足首前部分に付いたストラップで着脱が楽々!

 

瞬足

瞬足は、2003年に学童の通学用履き物として発売されたスニーカーです。運動会や体育の授業など様々な競技で高い威力が発揮できるとして、とても人気になりました。

 

現在でもその人気は衰える事なく、運動会前のシーズンになると飛ぶように売れています。

瞬足 幅広 軽量スニーカー

【参考価格2,980円】

amazon.co.jp

幅広・ワイド設計でゆったり履ける!

 

甲高幅広の足でも無理なく履けるタイプです。足指が重なったり甲が痛くなることもありません。

 

また瞬足のソールは左右非対称になっているので、トラック競技での左回りを攻略しやすくなっています。通常の歩行時はソールの突起物がへこむ仕組みになっているので、普段履きにも適しているのです。

 

保育士ママの推薦ポイント!
・独自のソールで衝撃を吸収してくれるので、飛び跳ねるような軽い履き心地に!

・フィット感や機能性の高いソールは取り外しができるので、気軽に洗えて清潔!

 

番外編!上履き

幼稚園や保育園、小学校などで上履きの着用が義務付けられている場合も多いと思います。この場合、子ども達は普段履いているスニーカーよりも長い時間上履きを履いています。長時間履いて生活をするからこそ、足に良い上履きで負担を軽減させてあげましょう。

Mishansha メッシュ上履き

【参考価格2,299円】

amazon.co.jp

スポーツウェア企業が作った子どもの足を考えた上履き!

 

ミシャンシャは、スポーツシューズや機能性ウェア などを専門とする世界有数のスポーツウェア企業です。

 

衝撃に強い作りになっているので、まだまだ成長過程の弱い足先をこの上履きが守ってくれます。また足の甲の部分のゴムは伸縮性に優れているので、小さな子どもでも無理なく自分で脱ぎ履きできるでしょう。

 

保育士ママの推薦ポイント!
・防汚性と速乾性に優れているので、お手入れが楽々!

・通気性が良く防臭抗菌が施されているので、長時間履いても快適!

 

まとめ

子どもはどんどん成長していくので、洋服や靴などあっという間に使えなくなってしまいますよね。頻繁に買い換えるのはとても大変です。

 

しかし、それだけ健やかに育っている証拠。その成長を妨げないように、子どもの身体に合ったものを身に付けさせてあげましょう。

特に靴は扁平足や足指の異常だけでなく、全身のバランスも崩してしまいます。一緒にお出かけをする時に、子どもの足のサイズと靴のフィット感をチェックしてあげると良いですね!

パパママとのリンクコーデなどファッションやオシャレを楽しみながら、子どもの足の健康や成長を促してあげましょう!

おすすめの記事